英会話

英会話を初心者が独学で身に着ける方法をバイリンガルが徹底解説!

英会話を初心者が独学で身に着ける方法をバイリンガルが徹底解説!

英会話独学初心者
『英会話って独学で身につくんかな?
何をしたらいいのかな?
どのくらいの期間が必要なんやろ?』

上記のような疑問に答えます。

こんにちわ、インスタを実名で始めたのでこのブログも実名ですることにした Motokiです。

英会話の独学初めたてって何をしたらいいかわからないですよね?

僕も独学初期は何をすればいいかわからず、受験勉強の延長で英文解釈とか、フォレストとかを読んだりしてました。

今になって思えばする必要はなかったなということが多いです。

なので今回は独学初心者が最短で英会話を最短で身につけられるよう、絶対にすべきことのみに絞って書きました。

僕自身ほぼ独学で英会話をマスターして、今ではアメリカ人の彼女と生活できています。

ですので再現性が高いかと思います。

英会話初心者が独学するための勉強方法

英会話初心者が独学するための勉強方法真面目な独学初心者がよく陥る間違いがあります。

それは受験の延長で単語や文法の知識をやたらと詰め込もうとすることです。

単語や文法を学ぶのは非常に有意義なことですが、それだけでは英語を話せるようにならないですよ。

英会話が話せるようになる公式

英語が話せる力(以下、英語力)は下記の公式で構成されていると考えています。

英語力 = 知識 × 運用力

知識は文字通り、単語や文法、表現などですね。

ここは説明がいらないと思います。

運用力には3要素あります。

運用力の3要素
  • 言いたいことを噛み砕く要約力
  • 適した知識を引き出す瞬発力
  • それを口に出す動作力

これらの力がないと知識をいくら伸ばして話せるようにはなりません。

過去の僕を含め多くの英会話独学初心者がする学習は、知識を伸ばすものばかりです。

なので結果的に細かい文法や、どこで使うのかわからないような難しい単語は知っているのに英語が話せないということになってしまいます。

英会話に必要な知識は中学レベル

ただたまに極論で

『文法は勉強しなくていい』

なんていう人がいますが、残念ながらそれは違います。

上記の公式で言う所の知識が0では、運用力があっても正しく文章が作れなくなってしまいます。

なので最低限の文法や単語の知識は必要です。

僕が思う英会話に必要な最低限の知識というのは中学レベルの知識です。

運用力のひとつである、要約力を磨いて、言いたい日本語を簡単にすれば中学レベルの知識で十分に日常会話ができます。

例えば

・『この服を着るとテンションが上がる』
⇨『この服は気分をよくしてくれる』って言い換えれる

・『最近ダイエットが停滞期』
⇨『最近運動してるけど体重落ちない』って言い換えれる

上記のように言いたい日本語を噛み砕けば、中学レベルの知識があれば言えるようになります。

実際に英文にするとそれぞれこんな感じです。

This outfit makes me feel good .
この服は気分をよくしてくれる

I’m exercising recently, but I can’t lose weight .
最近運動してるけど体重落ちない

make O C とか中学で習うレベルの知識で十分言えてますよね?

このような中学レベルの知識をつけるために必要な教材はそれぞれ下記の記事で解説しています。

英会話に必要な運用力は実践で鍛えよう

知識は中学レベルまであればいいことはわかったけど、不足してる運用力はどうやって鍛えたらいいの?

当然の疑問ですよね。

運用力は繰り返し練習することでしか身につきません。

実際に瞬時に口から言葉を発するというのはスポーツに近いです。

例えばスポーツも、本田圭佑選手の講演聞いても実際のサッカーがうまくならないですよね。

英語も一緒で、話せる方法を聞くだけでは話せません。

実際に練習する必要があります。

ただこの練習というのは、文法書を読み込むといったことではありません。

文法書を読み込むのは知識をつけるための練習です。

運用力をつけるにはそれぞれのステップを実践することが一番です。

ただ実践といってもビビらないでください。

別に外国人に話しかけろなんて言いません。

復習ですが、運用力は下記の3要素でしたよね。

運用力の3要素
  • 言いたいことを噛み砕く要約力
  • 適した知識を引き出す瞬発力
  • それを口に出す動作力

これらを実際にしてみるということです。

具体的に解説していきます。

要約力を身に着ける方法

要約力は日本語噛み砕いて簡単にする力です。

ではその要約力をつけるには、実際に日本語を簡単にしましょう。

んーでもそもそもどんな日本語を簡単にすればいいかわからない?それに簡単にした日本語があってるかわからない?

わかります!

僕も話せないときは、そもそもどんな言葉をどう噛み砕けばいいかわかりませんでした。

そんな人は、僕のインスタをみてください。

上記の

・『この服を着るとテンションが上がる』
⇨『この服は気分をよくしてくれる』って言い換えれる

・『最近ダイエットが停滞期』
⇨『最近運動してるけど体重落ちない』って言い換えれる

という例も実際の僕のインスタから取ってきています。

他にも日本語を簡単にする方法や、それに基づいた英作の仕方なんかを紹介してます。

よかったらチェックしてみてください。

こっちは更新頻度が高めです(ブログの更新はめっちゃサボるけどww)

>> Motoki(eikaiwa.gym) | Instagram

ただ僕のインスタで正解を眺めるだけではなく、答えをみる前に『自分ならどう要約するか?』と考えてから答えをみてください。

その後で答えをみて考え方をブラッシュアップしていきましょう。

続けることで、勝手に要約できるようになっていきます。

瞬発力を身に着ける方法

次は知識を引き出す瞬発力です。

このブログではずっと言っていますが、この練習には瞬間英作文がおすすめです。

瞬間英作文は効果が絶大です!

瞬間英作文はざっくり説明すると

日本語から英語を瞬時に言えるように繰り返すトレーニングです。

英語のプロである通訳も『クイックレスポンス』という名前のトレーニングで同じようなことをしています。

実際のやり方はここで書くと長くなってしまうので別の記事で解説しています。

また実際に僕が瞬間英作文をした際の学習量と効果を下記の記事にまとめています。

瞬間英作文におすすめな教材は下記にまとめています。

動作力を身に着ける方法

動作力は実際に引き出した知識を口にする力です。

この動作力も瞬間英作文で鍛えることができます。

実際に瞬間英作文で日本語から英語を考える際に、考えた英語を口にするだけです。

この時のコツは、出来るだけ見本の音声を真似ることです。

抑揚や単語同士の繋がる音などを意識しながら口に出すようにしてください。

英会話って『学問』というより『技術』みたいな感じやねんな
そら『技術』を身につけるには実際にやってみなアカンよな

英会話を独学で身につけれる初心者の特徴

英会話を独学で身につけれる初心者の特徴これまで独学で話せるようになる方法を解説してきました。

基本的に上記を実践すれば、話せるようになります。

ただ独学で身につけられる人には下記の2つの特徴があります。

独学で英会話を取得できる人
  • 継続できる人
  • 自分を信じられる人

具体的に解説します。

継続できる人

英会話を身につけるには、継続して努力ができる必要があります。

なぜなら、上記で説明した方法では誰でも話せるようにはなりますが、始めて3日とかでは話せるようになりません。

具体的には

毎日3時間を3ヶ月程度

上記くらいは時間がかかります。

だいたいトータルで270~300時間ほどですね。

これを多いと思うか、少ないと思うかは置いておいて、実際にこの程度は継続する必要があります。

これができないのであれば、独学は難しいでしょう。

ただ習慣を作れば継続することのハードルは下げることができます。

継続力に自信がない人は教材使って楽しく英語学習する習慣を作ったりしましょう。

このあたりは後日、おすすめ教材を紹介の記事を作成します。

自分を信じられる人

もう一つは自分を信じられる人が独学に向いています。

先にも言いましたが、英会話を身につけるにはそれなりの時間がかかります。

しかも1日でこれだけ上達したとか目に見えて成長がわかりずらいです。

そうなると

ほんまにこのまま続けて話せるようになるんだろうか?

と自分がしていることを信じられなくなり、成果が出る前に学習をやめてしまいます。

その結果、話せないままで、さらに自分を信じるのが難しくなります。

確かに話せるようになる前は不安です。

でもその不安に負けずに自分を信じて努力して話せるようになりましょう。

まとめ

まとめここまで読んでくださりありがとうございます。

内容まとめます。

・英語力 = 知識 × 運用力

・知識は中学レベルの文法・単語でいい

・運用力には『要約力』『瞬発力』『動作力』の3要素がある

・『要約力』は実際に日本語を簡単にする練習で鍛える

・『瞬発力』『動作力』は瞬間英作文で鍛える

・独学には時間がかかる(3ヶ月×3時間程度)

・独学は継続できる人しか成功しない

・独学は自分を信じれる人しか成功しない

こんな感じです。

今回の記事では初心者が独学する時の概要を把握いただけたと思います。

それぞれの詳細な勉強方法は記事内で紹介した記事を参考にしてください。

ただし、それらを読むだけでは英語ができるようになりません。

記事を読んでやることが明確になったらあとはしっかり実践しましょう。

そうすれば独学でも十分英語が話せるようになります。

またこの記事を読んで独学できるか不安になった人は厳し目の英会話スクールに通うのもありです。