瞬間英作文

英語学習におすすめ瞬間英作文の教材5選+α【一部勉強法も解説】

read_a_book

英会話を身に着けたい人『瞬間英作文って何か分かったけど、各ステージで最適な教材ってなんなんやろ?』

このような疑問に答えます。

『瞬間英作文ってなに?』『ステージってなに?』というかたは、英会話に効果抜群な瞬間英作文とはの記事を先によんでいただいた方が理解が深まります。

textbooks
英会話に効果抜群な瞬間英作文トレーニングとは『英語が話せるようになるなら、やり方ははなんでもいいねんけどな。 色々調べてたら瞬間英作文っていう学習方法出てきてんけど、これってなんなん? どんな手順で取り組んだらええの?』このような疑問に答えます。 ...

学生時代は英語が苦手で、海外ではピザの一枚すら頼めませんでした。

そんな僕が、瞬間英作文をガチったあと、英語がなせるようになりました。

本記事の内容
  • 瞬間英作文の教材を選ぶ時の注意点
  • 段階別:瞬間英作文におすすめな教材5選

それでは書いていきます。

瞬間英作文の教材を選ぶ時の注意点

stop
瞬間英作文の教材を選ぶ時の注意点
  • 注意点①:いきなりフレーズ集を買わない
  • 注意点②:CD付きのものを選ぶようにする

順に解説していきます。

注意点①:いきなりフレーズ集を買わない

瞬間英作文とフレーズ集は全くの別物です。

フレーズ集とは、シーン別に使うであろう英語表現がまとめられている本です。

またそのついの日本語訳もついているような本です。

当ブログでいうところの英語での道案内はもう怖くない【実例テンプレ付き】という記事のようなイメージですね。

map
英語での道案内はもう怖くない【実例テンプレ付き】『英語で道案内ってどうやるんやろ? 困ってる外国人見たら助けてあげたいけど、なんて伝えればいいかわからない。 この間道聞かれて答えられなかった』このような疑問や悩みをか解決します。...

このフレーズ集は表現を覚えるという点で、一見瞬間英作文と同じようなものだと思われますが、本質は全く異なります。

フレーズ集は、即時的な効果が強いです。

例えば、ファーストフードで注文するときの表現が書かれているページを覚えたとします。

するとその後に海外旅行へ行った際、注文は問題なくできるようになります。(厳密には相手の返答が聞き取れないとだめなのですが)

でもファーストフードで注文するときの表現は身についてますが、ホテルに行ってチェックインができるかどうかはわかりません。

なぜならその場合に使うフレーズを知らないからです。

つまり、フレーズ集で学習した場合は、知ってるフレーズと全く同じ表現しかできないのです。

上記で紹介した僕の記事では、できるだけ自分で文を組み立てて使いまわしてもらえるように書きましたが、それでもやはりフレーズ集的な側面が強いです。

なのでフレーズ集を用いて英語が話せるようになるには、すべての表現・フレーズを覚えなくてはいけなくなります。

でもそんなの現実的ではないですよね。

一方瞬間英作文は、文型・文法項目を自分の中に落とし込んで、文を組み立てる力をつけることができます。

ただ丸暗記すればよいわけではないので、時間が少しかかります。

どちらが良い悪いという話ではありません。

年末に海外旅行を企画している人は、フレーズ集で必要なシーンのフレーズをピックアップして覚えた方が話せると実感できるはずです。

でも今回の想定読者は、『長期的な目線で英語が話せるようになりたい人』です。

その目的から考えると、瞬間英作文の教材を選ぶべきでしょう。

注意点②:CD付きのものを選ぶようにする

英語を話す際、発音が綺麗かどうかはそこまで大事ではありません。

大事なのは、

  • カタカナ発音ではない
  • 抑揚のあるイントネーションである
  • 音を自然につなげている

という3点だけです。

文が正しく作れて、この3点を守れば、英語は理解してもらえます。

逆に言えばこの3点が守れないと、文が正確でも伝わらないことが多いです。

英会話をできるようになりたい人は、発音とどのように向き合うべきか下記の記事で解説しています。

とにかく、この3点は日本人が特に意識しないといけないことです。

これらを自分の中に落とし込むには、ネイティブ音声を聞くときにその部分を意識して聞き、意識して真似るように口にする

これだけです。

そのために瞬間英作文を行う際は、ただしいネイティブ音声が聞けるCDなどの音源があるべきです。

第1ステージをこなす前のあなたは、まだまっさらです。

この段階では絶対に音源のあるものを使って自分を染めていきましょう。

その後のステージでは、あるとよりよいといったところです。

段階別:瞬間英作文におすすめな教材5選

textbooksお待たせしました。

ここから各ステージごとのおすすめ教材を紹介していきます。

なお、大前提として自分が実際に使ったものしか紹介しません。

ですので、有名なあの著書が紹介されていないということは多分に起こりますが、ご容赦ください。

では早速行きましょう。

第1ステージ

瞬間英作文の中でもっとも大事なステージです。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング
(おすすめ度:★★☆☆☆)

定番の本ですね。

瞬間英作文を世に広めた、森沢洋介さんの著書です。

一番最初に取り組んだ本です。

ただ正直僕は3周ほどしかしていません。

途中で使わなくなった理由は、2つあります。

1つは僕が使っていた当時のこの本はまだまだ誤植が多くあったためです(現在はなくなってるかも?)。

2つ目は表現が文法によりすぎている感があったためです。

森沢洋介さんは、第1ステージは文型・文法項目を使えるようにする段階で、より自然な言い回しは、第3ステージにしましょうという考えです。

ですので、もちろん僕の指摘は見当違いなのですが、やはりどうせ学ぶならもう少し自然さは欲しいと思ってしまいました。

ただ瞬間英作文とはどんなものかと感じられるくらいはこなしました。

会話できる英文法大特訓
(おすすめ度:★★★★★★

僕の英語人生で最もやりこんだ本です。

何周したかわからないくらいに使い込みました。

ガッツリ取り組んだ期間は、3ヶ月ほどです。

おおよそですが、その期間は毎日3時間ほどはこの本に時間を割いていました。

なので270~300時間ほど、この本に投資したイメージですね。

本来はそこまでする必要ないと思います。

この本に中には、日本語からその英語を思いつくのは飛躍があるなと感じる文がいくつかありました。

ただしそのような文は多くありません。

この本の表現の多くは、文型・文法項目から逸脱せずに、自然な言い回しになっています

まさに僕に必要だった本といったところです。

この本を終える頃には、自分の言いたいことがほぼ表現できるようになっていました。

この本は本当におすすめなので別記事でより詳細なレビューを書きました。

もし少しでも検討されている方は、ぜひ一読ください!

第2ステージ

このステージはそれほど、シリアスに取り組まなくても大丈夫だと思います。

第1ステージをしっかりこなした自信がある人は、紹介する本を飛ばして、第3ステージやオンライン英会話等に挑戦してみるのもありだと思います。

とはいえ臆病な僕は取り組んだので、おすすめ教材を紹介します。

スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング
(おすすめ度:★★★☆☆)

『どんどん話すための瞬間英作文』の続編です。

実際につかったところ前作同様、まだ表現がかたいところが気になります。

ただいいなと思ったところは、後半部分では1文が長い瞬間英作文が用意されている事です。

これまでは1文の中に複数の文法項目が出てくることがない、短文がメインだったのでその部分は非常に勉強になりました。

こう聞くと負荷が大きそうと思われるかもしれませんが、第1ステージをしっかりこなしていれば難易度自体は高くありません。

>>詳しくは「スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニングってどんな本?」へ

高校受験英語長文過去問
(おすすめ度:★★★★☆)

見出しのままですが、高校入試英語の長文部分のみを集めた本です。

値段が500円程度と非常に安かったので衝動買いてきに購入しました。

今回紹介するものの中で、唯一この本はCDなどの音源はついていません。

衝動買いてきに買いましたが、いい本でした。

この本は瞬間英作文用のテキストではないので、使い方に工夫がいります。

工夫といっても大したことはありません。

解説ページに全文訳が乗っているので、それをひとつずつ英作するだけです。

第1ステージをしっかりしていれば、問題なくほとんどの文を反射的に英作できるはずです。

これはすごく自信になります。

中学の時に必死こいて訳していた文章を、英作できるわけですからね。

5周ほど回しただけですが、進歩が確信出来て良かったです。

第3ステージ

本来このステージは自分の気になる教材を片っ端からこなしていく段階です。

大学入試 全レベル問題集 英語長文
(おすすめ度:★★★★☆)

これもまた見出しのままですが、大学入試英語の長文部分のみを集めた本です。

CDもついて1000円ほどです!安い!

しかも安いだけではありません。

この本はシリーズ物で、下記のように1~6段階のレベルに分けられています。

シリーズのレベル
  • レベル1:大学受験準備レベル
  • レベル2:センター試験レベル
  • レベル3:私大標準レベル
  • レベル4:私大上位レベル
  • レベル5:私大最難関レベル
  • レベル6:国公立レベル

レベル分けされているので、自然とステップアップしていけます。

この本は非常におすすめなのですが、そもそもはリーディング用の教材ですので瞬間英作文用の教材と比べ、使いづらさがあるので★を一つ減らしています。

ただリーディング用の教材ならではの良さがあり、それがこの本のいいところです。

それは解説の部分で、一文一文の構造分析をしてくれており、理解が非常に進む点です。

なのでこの本の使い方の提案としては、リーディング用の教材として使い、理解できたあとに瞬間英作文の教材として使う方法です。

これは非常に力がつきました。

会話の中で難しい話になってもついていけるのは、この工程があったおかげです。

とは言え、ぼくが瞬間英作文の教材として使ったのはレベル3までです。

多くの人にとって、それ以降のレベルの文を話せる必要は特にないかと思います。

スタディサプリENGLISH
(おすすめ度:★★★★☆)

速度選択

本記事唯一のアプリ教材です。

このアプリは大手のリクルートが英語のスピーキング力とリスニング力を向上させることを目的に作りました。

他のブログサイトでは瞬間英作文の教材として持てはやされているのをよく見かけます。

ただこのアプリは瞬間英作文の教材としては、第1ステージをこなしていない人には消化不慮になる場合が多いと思います。

というのも本教材では文型ごとに体型立てて英文が紹介されているわけではなく、フレーズごとに体型立てられているからです。

第3ステージで取り組むのはいいかと思いますが、第1ステージの教材としては難しいので、第1ステージの教材をこなした後に取り組みましょう。

余談ですが、本教材はリスニングの教材として使う分には第1ステージの教材をこなす前でも問題ありません。

むしろリスニングの教材として出来がいいので、早期に取り組み、英語学習を習慣化するにはいいかと思います。

バンバン話すための瞬間英作文
(おすすめ度:★★★☆☆)

瞬間英作文シリーズの最新刊です。

瞬間英作文シリーズでは日本語文が不自然なものが多い印象でしたが、この本ではそのあたりは改善されているようです。

また『基本動詞』にフォーカスするというコンセプトは面白く、実際に使えそうな表現も多くありました。

ただ一部の例文で、『基本動詞』を無理やり使っってるなと感じます。

こんな言い方しなくても、もっと簡単な表現で言えるのにという文があったため、星を減らしました。

たしかに表現の幅を広げるという意味では、そのような言い方もあるのかという程度に知っていて問題ないかと思います。

ただその程度の理解をするためなら、わざわざ瞬間英作文の教材としてトレーニングする必要はないという印象です。

>>詳しくは「新作『バンバン話すための瞬間英作文』の所感【基本動詞の重要性も解説】

以上が僕が取り組んだ中でおすすめの教材です。

僕のようにすべてする必要はありません。

どれか一冊好きな本をやりこんでみてください。

正しいやり方で取り組むと、見える景色が変わることを保証します。

ただ、逆に間違ったやり方をすると、努力の割に英語が話せないと言うことにもなりかねません。

そうならないための、取り掛かる前に瞬間英作文の正しいやり方と4つのポイントも押さえましょう。

>>詳しくは『瞬間英作文のやり方【絶対に押さえておかないといけない4つのポイント】』へ

そのあとは、決めたい1冊をごりごり実践して英語を話せるようになりましょう!

瞬間英作文以外の独学におすすめな教材を下記の記事でまとめています。