リスニング

独学で英語のリスニング学習をしたい人におすすめの映画・ドラマ20選!バイリンガルが厳選

独学で英語のリスニング学習をしたい人におすすめの映画・ドラマ

こんにちは、最近彼女が、Netflix でみれる幽遊白書を使って日本語を勉強しだして、汚い日本語を覚えないか不安になっているTim(ティム)です。

外国語を学ぶ時に一般的によく使われるのが、その言語の映画やドラマですよね。

僕自身も 『FRIENDS』という海外ドラマを使ってリスニングを伸ばしました。

また知り合いでも映画を使って英語を勉強している子がいます。

でも間違った方法をしていて、あまり成果が出ていないようです。

なので今回は成果をしっかり出すために映画・ドラマを英語のリスニングの鍛え方について徹底的に解説します。

・おすすめ映画・ドラマの紹介
・映画・ドラマ選び方
・映画・ドラマを学習するのに必要なレベル・事前準備の方法
・注意点だめな学習方法・正しい学習ステップ

上記について解説します。

では早速いきましょう。

目次

映画・ドラマを使ったリスニング学習のメリットとコツ

映画・ドラマを使ったリスニング学習のメリットとコツ以前別の記事で映画を使って英語を学ぶメリットやコツを紹介しました。

おすすめ映画・ドラマを知る前にこちらも一読いただきたいです。

映画を使って英語を学習する5つのメリット【コツも伝えます】『映画見てたら、英語話せるようになりたくなってきた。でも単語帳とか開くの嫌だな。いっそこの映画を使って、楽しみながら英語学習できないかな?』このような怠け者英語学習者の悩みに答えます。...

ただ移動するのが面倒な方のために今回は概要だけ再度掲載しておきます。

【概要】映画・ドラマを使ったリスニング学習のメリット

映画・ドラマを使ったリスニング学習のメリットは下記の5つです。

映画・ドラマから英語を学ぶ5つのメリット
  • メリット①:リアルな英語に触れられる
  • メリット②:正しい発音が学べる
  • メリット③:映像で記憶できる
  • メリット④:様々な国のアクセントを知れる
  • メリット⑤:英語圏の文化を知れる

メリットは上記の通りです。

これら概要を観ただけでなるほどなと思う部分もあるかと思います。

気になった内容がある場合は詳しくは『映画を使って英語を学習する5つのメリット【コツも伝えます】』へ

【概要】映画・ドラマを使ったリスニング学習のコツ

映画・ドラマを使ったリスニング学習のメリットはコツはの5つです。

映画・ドラマから英語を学ぶ5つのコツ
  • コツ①:面白い映画と思えるものを選ぶ
  • コツ②:難しすぎるものは選ばない
  • コツ③:70%程度の理解で良いとする
  • コツ④:お気に入りの一言をマネる
  • コツ⑤:英語字幕を使う

こちらの方は概要を読んだだけでは『なんで?』と感じる部分が多いかと思います。

個別に詳細解説していますので詳しくは『映画を使って英語を学習する5つのメリット【コツも伝えます】』へ

独学で英語のリスニング学習をしたい人におすすめの映画12選

独学で英語のリスニング学習をしたい人におすすめの映画12選お待たせしました。

ここからおすすめの映画・ドラマを紹介します。

まずはおすすめの映画です。

独学で英語のリスニング学習をしたい人におすすめの映画12選
  • ホームアローン
  • LIFE
  • ターミナル
  • バック・トゥ・ザ・フューチャー
  • 摩天楼は薔薇色に
  • 17 again
  • 旅するジーンズ
  • インディージョーンズ
  • カラー・オブ・ハート
  • ミニオンシリーズ
  • ディズニー映画全般
  • サンダーストラック

順に紹介します。

ホームアローン

知らない人はいないだろうという作品ですね。

クリスマス休暇をパリで過ごすことになったケビン一家。

しかし、旅行当日寝坊をしてしまい、慌ただしく家を出発した一家は、8才の末っ子のケビンを忘れて出掛けてしまいます。

取り残されたケビンは、うるさい家族がいなくなったことを喜び、一人暮らしを満喫します。

しかしそんな折、留守を狙っている2人組の泥棒が空き巣に入ろうとしていることを知ってしまいます。

末っ子で何もできないと思われているケビンは泥棒から家を守れるのか?

誰もが知っている、あらすじですね。

主人公のケビンは子供なので、英語のレベルはそれほど高くありません。

ただ教科書の英語を聴き慣れている人には、子供独特の舌ったらずな英語は聴きにくいかも。

しかし、英語学習にはおすすめな作品です。

LIFE

主人公のウォルター・ミティはLIFE誌の写真管理部門で働いています。

口下手で人付き合いが苦手なウォルター・ミティは、想いを寄せる同僚の女性シェリルにも話しかけることすらままなりません。

変化のない単調な日々を過ごす彼は、よくむなしい現実から逃避するために、刺激に満ちた妄想をする癖があります。

妄想の中で彼は、勇敢で、上司にも言いたいことが言えてしまうが、現実はまったく冴えません。

そんなある日、長い歴史を持つLIFE誌もオンライン化が決まり事業再編にともなう休刊が決定されてしまいます。

その最終号ではLIFE誌代表のフォト・ジャーナリストであり冒険家のショーンの写真が使われることになりました。

ショーンは、地味だが、誠実で質の高い仕事ぶりから、ウォルターのことを非常に信頼していました。

そのため、最終号で使われる写真をウォルターあてに送ります。

しかし送られたはずのLIFE誌の最終号の表紙を飾る大切なネガが見当たりません。

そこでウォルターは、一大決心をしてネガの在処を求めて、今も世界のどこにいるのか判らないショーンを探す冒険の旅へと出発するのです。

この映画は変わるための一歩を踏み出せない人に大変オススメです。

僕はこの映画をみたことがきっかけで、カナダの都会のトロントからバンフという所に仕事を探しに行きました。

個人的に思い入れのある映画なので、おすすめにランクインさせました。

ただ思い入れがあるだけでなく、英語もそれほど難しくありません。

後半にかけて主人公のウォルターの口数が多くなっていくので、後半は難しいと感じるかもしれません。

ただ後半は夢中になってみれるはずなので、特に問題にはならないでしょう。

ターミナル

クーデターによって祖国が消滅してしまった、ビクター・ナボルスキー。

そのためニューヨークの空港で出国も入国もできない状況になります。

行き場を失った彼の空港暮らしことを決意します。

英語がわからない彼が空港で暮らしていくことはできるのでしょうか?

また最終的には無事入国もしくは帰国できるのでしょうか?

というようなあらすじです。

正直ご都合主義の部分もありますが、全体としては楽しんでみられる映画です。

また英語学習的にも、最初は英語を話せなかった主人公のビクターが、徐々に英語を覚えて、会話も簡単な英語でやり取りされるので、学習者には非常におすすめです。

でも英語わからん状態で、あんなおおごとに巻き込まれるのは怖いですね。

バック・トゥ・ザ・フューチャー

はい、こちらも知らない人は少ない作品です。

ざっくり説明すると近所のヤバいじいちゃん博士がタイムマシン作ったので、冒険しちゃおう。

その過程で、未来変えすぎないように気をつけようという物語です。

カテゴリーとしてはSF作品になりますが、知っておかないといけない専門用語はあまり出てきません。

なので肩肘はらずにみれると思います。

摩天楼は薔薇色に

こちらはあまり知られていない作品かもしれませんね。

上記のバック・トゥ・ザ・フューチャーの主人公であるマイケルJフォックスが主演を勤めている映画です。

この作品は、田舎から都会での成功を夢見て出てきたブラントリーがのし上がる物語です。

僕は学習期にこの作品をかなりみました。

この映画からは簡単なビジネス英語も学べます。

出てくる人みんな聴きやすい英語を話すので学習に最適です。

何より痛快でハッピーエンドなまさにアメリカ映画と行った感じです。

17 again

バスケに一生懸命だった学生時代、スカーレットの妊娠が判明し進学してバスケをすることを諦め結婚したマイク。

当時は格好良く、好青年でしたが、今は家庭を顧みず無関心なマイクは妻どころか、子供達からも軽蔑されていました。

そんな彼にある日、17歳の姿に戻ってしまうという不思議な出来事が起こります。

17歳に戻った彼は子供たちと同じ学校に通い出します。

そこで息子がいじめられていて、娘は不良の彼氏と付き合っていることを知ります。

そんな彼らを助けるため、自分自身もとの姿に戻るため激走する物語です。

単純に面白いです。

また英語は、高校生が使う表現が多いので、勉強になります。

全体的に英語のレベルは平易です。

旅するジーンズ

この作品は海外では、現在25~30あたりの女性が、10代の時に絶対みていた作品です。

メインのキャラクターは4人の女の子です。

彼女たちは誕生日も近くて常に一緒にいました。

そんな4人が初めて別々の夏を過ごすことになりました。

別れる前に、彼女たちは洋服屋であるジーンズを見つけます。

それは体型がバラバラな彼女たち全員になぜかフィットする不思議なジーンズでした。

彼女たちはそれを買って夏の間に順番に履くことにし、ジーンズにそれぞれの思い出を刻んで行きます。

海外では人気作で、シリーズ化もされています。

英語は10代の彼女たちが話すので、それほど難しくありません。

また、それぞれの旅行先で出てくる人たちも英語圏の人でなかったりするので、簡単な表現を使っています。

インディージョーンズ

日本でもおなじみのこのシリーズ。

英語では『インディアナ・ジョーンズ』って言わないとわかってもらえないって知ってました?

あらすじはざっくり解説すると、世界一セクシーな考古学を教える大学教授が秘宝を探す冒険をするお話です。

英語は正直聞き取りづらいところもあります。

ただ子供の頃にみたことがある人は内容が頭に入っているので、英語のみに集中して聞くことができるでしょう。

Netflix では1版古い作品のみ見れます。

Huluで全シリーズみれます。

カラー・オブ・ハート

初代スパイダーマンのトビー・マグワイアが主演の映画です。

高校生のデイビットは、1950年代のホームドラマ『プレザントヴィル』がお気に入り。

ある日、双子の妹であるジェニファーとチャンネル争いをしている内に、リモコンを壊してしまいます。

そんな折タイミングよく現れた修理工の老人から不思議なリモコンを手渡され、それでテレビを付けてみたところ、二人は『プレザントヴィル』の世界に入り込んでしまいます。

戻り方のわからない二人は一旦登場人物の子供として生きることに。

大好きな世界での日常を楽しむデイビット。

それに引き換え、白黒で、平和で、刺激のない毎日に飽き飽きしていたジェニファー。

彼女はある日プレザントヴィルには存在していなかったあることをしてしまう。

そこからモノクロの世界は次第に色づき始め、平和だったプレザントヴィルに変化が訪れます。

面白そうですよね?そうです面白いです。

僕は彼女におすすめされてみましたが、面白かったです。

一部差別表現をネタにした表現があるので探してみるのも面白いですよ。

他にも英語も日常会話が多いので、非常に勉強になります。

サンダーストラック

個人的に好きな映画なのでランクイン。

バスケ部に所属するブライアン。

彼はバスケがすごく下手でみんなにバカにされています。

ある日、NBAの試合観戦に出かけたブライアンは、ケヴィン・デュラントのサインボールを受け取ります。

その時ブライアンとデュラントの能力が入れ替わってしまいます。

プロ選手の力を手に入れた少年と、少年の運動神経と入れ替わって悪戦苦闘するスター選手。

彼らを面白く表現しています。

感想は少年のドリブルがえぐい!あとデュラントなんでもやんのな!

って感じです。

学生の会話が中心なので、英語もそれほど難しくありません。

カナダに行く前の僕でもほとんど理解できたくらいです。

ミニオンシリーズ

本当は怪盗グルーのシリーズなのですが、認知度は圧倒的にミニオンが強いだろうと思ってミニオンシリーズにしました。

この映画シリーズはCGアニメで子供から大人まで楽しめる内容になっています。

メインキャラクターに子供がいるので、英語もとても簡単な表現ばかりです。

ただグルーはスペイン語系の独特な訛りで話すので、初学者は困惑してしまうかも知れません。

でも聞いているうちに慣れてきます。

ディズニー映画全般

英語の初心者が映画で学習するときの定番ですね。

定番になるだけあってわかりやすいです。

また難しい表現を使ってしまいそうな箇所も、うまいこと簡単な言い回しで表現しています。

これは学習者が是非手本にしたいところです。

今年はアラジン・トイストーリー4・アナ雪2が上映するので、その辺りからせめてみるとモチベーション的にも良いですね。

独学で英語のリスニング学習をしたい人におすすめのドラマ8選

独学で英語のリスニング学習をしたい人におすすめのドラマ8選映画に続いてドラマです。

ドラマのおすすめは下記の8作品です。

独学で英語のリスニング学習をしたい人におすすめのドラマ8選
  • FRIENDS
  • How I met your mother
  • New Girl
  • Good place
  • Flash
  • Gilmore girls
  • glee
  • Sex and the City

順に紹介します。

FRIENDS

英語学習者でこの作品を知らない人は潜りです。

閉店するTSUTAYAでシーズン1のみ安売りされていて衝動買いしたおかげで、僕は今英語を話せるようになっています。

この作品をみて英語が話せるようになりたい、海外に行ってみたいと思いました。

また学習期には、リスニング勉強のために相当みました。

マンハッタンに住む6人の男女の日常を描くコメディドラマです。

笑いあり・感動あり・笑いありの素晴らしい作品です。

少々古い作品ですが、古臭さは一切ありません。

英語は日常会話でよく聞くフレーズ満載です。

正直英語学習はこの作品だけで完結するとすら思っています。

みたことない人は是非みてみてください!

How I met your mother

第二のFRIENDというべき作品。

2030年、2人の子供の父親テッドが、自分の子供たちにどのようにして彼らの母親(テッドの妻)にどのようにして出会ったかについて伝える話です。

ここだけ聞くとただのラブロマンスですが、そうではありません。

クレイジーな個性豊かな友達と過ごした、若き日の父親テッドの回想録です。

カナダにワーホリに行っているときに友達のカナダ人に進められて身始めましたが、最後まで止まらずにみてしまいました。

それくらいのめり込めます。

肝心な英語ですが、表面的な理解は容易です。

ただしっかり理解しようと思うと相当難しいです。

たまにこの作品が簡単と言っているサイトがありますが、おそらく筆者は表面的にしか理解していないんじゃないかな?と思います。

というのもなかなか “dirty” な表現が多いからです。

“dirty” な表現というのはユーモアを含んだエロい表現みたいなのが多いです。

普通に聞いたら普通な表現ですが、実は裏の意味があるというような表現です。

なので初心者はなぜここで観客が笑うのかわからない箇所が多々あると思います。

そんな時はあまり気にせずスルーして、話せるようになったらネイティブの人に聞いてみてください。

なので英語レベルはFRIENDより少し高めです。

と紹介したものの、このドラマをオンラインで見るすべは現状ありません。(昔はアマゾンプライムで見れたのに)

TSUTAYAなどでレンタルしてください。

New Girl

イタリア人の元カノに進められて見だしたドラマです。

主人公のジェスの衣装が可愛いと話題になったドラマです。

ジェスはちょっと個性的な女の子。

ある日、彼氏の浮気が発覚して、新しい部屋を探すはめになりルームメイト募集の広告に応募してみると、そこはなんと男3人が暮らす部屋でした。

そこに住むこになったジェスですが、失恋から1日中「ダーティ・ダンシング」を見て泣いてばかりいました。

困り果てたルームメイトの男たちは、ジェスを立ち直らせようとバーに連れ出します。

笑いがありつつ、ところどころハートフルです。

基本はコメディです。

ただ上記二つのコメディとのちがいはシットコムではないので、英語がわからないとどこが笑いどころかわかりづらいかも。

このドラマはhuluでのみ視聴可能です。

Good place

Netflixオリジナルのドラマです。

主人公がいきなり死んでいるところから始まるドラマです。

事故で命を落としたエレノアが死後の世界にやってきます。

そこで死後の世界には生前に良い行いをしていた人の行く、”The Good Place”とそうでない人が行く”The Bad Place”の2つがあることを伝えられます。

そしてラッキーなことに彼女がやってきたのは”The Good Place”でした。

しかし、彼女は主人公なのにもともとは悪い人間でした。

システムの間違いで同姓同名の別のエレノアと間違われてて、”The Good Place”に送り込まれたことに気づきます。

そして彼女は、自分が悪いが人間だとばれないように倫理を学び、いい人間になろうと頑張っていきます。

でもそんな彼女にいろんなトラブルが発生します。

というようなストーリーです。

英語はとても平易です。

ただ倫理を学ぶところは僕でも『?』となる表現がめっちゃ出てきます。

でも一部しか本筋ではないので流しましょう。

このドラマはNetflixオリジナルなので、当然Netflixでのみ視聴可能です。

Flash

今回紹介する中で唯一のアクション作品です。

原作はアメコミで、スーパーパワーを得た主人公が悪と戦うという非常にシンプルな内容です。

正直英語のレベルはそんなに簡単ではありません。

ただ表現自体はよく耳にするものが多いです。

アクション作品は、英語がわからなくとも何が起こっているのか映像から想像しやすいので、モチベーションのために取り組むには悪くない選択です。

Gilmore girls

アメリカ人の彼女に英語学習のおすすめを聞いたらこれなんかどう?と紹介されました。

田舎町であるスターズ・ホローを舞台に、16歳で娘を出産した母親とその娘と祖母を中心としたハートフル・ファミリードラマです。

住人たちの個性が強烈で、爆笑ではないですが、フンッって笑えます。

今回紹介する中でもっともドラマらしいドラマ感じました。

何よりローリーが可愛いww

英語は普段の会話は難しくないです。

ただ喧嘩したりで早口になったりするところは初学者には難しいと思います。

glee

はい、こちらも英語学習の定番作品です。

ただ、実はここから紹介する2つの作品は僕はあまりハマらなかったのであまりしっかり見ていません。

ただそれでも、学習用の作品として有名なので紹介しておきます。

マッキンリー高校のグリークラブは、部員不足のため廃部の危機を迎えていました。

OBでもありマッキンリー高校の教師でもあるウィル・シュースターは、顧問となり再び盛り上げようと奮闘します。

しかしそんな中いろんなアクシデントや障害が発生します。

日本のウォーターボーズをもうちょっとアダルトにしたような内容のドラマです。

英語学習の定番になるくらいなので、英語はわかりやすいです。

ただミュージカル調の作品で、ミュージカルが嫌いな僕には合いませんでした。

ミュージカルが好きならこちらで学ぶのもいいかと思います。

『しゃべれよって思ってしまうんですよねー』

Sex and the City

女性からの指示が高いこの作品。

日本でも話題になって映画化までされているので見たことがある人は多いかもしれませんね。

ニューヨークのマンハッタンに暮らす自立した独身女性4人が繰り広げる大人の恋愛ストーリーです。

確かに使えそうな表現は多く学べます。

一度見たことがある方なら内容の理解も容易でしょう。

ただなんか自分には合わんかったww

映画・ドラマを使ってのリスニング独学時の注意点・だめな学習方法

映画・ドラマを使ってのリスニング独学時の注意点・だめな学習方法上記でおすすめの映画・ドラマを紹介してきました。

面白そうなものを見つけたから、早速始めようと思われているあなた!

ちょっと待って!もう少しお付き合いください。

学習の合間の息抜きとして映画を見るのではなく、英語のリスニングを身に着けるためには守った方が良いことがあります。

学習者がよくやってしまいがちなダメな学習をしないように、もう少し読んでください。

ダメな学習にならないように下記の3つだけは絶対に守ってください。

映画・ドラマを使って独学する際の注意点
  • 注意点①:最低限の事前準備はする
  • 注意点②:聞き流すだけの学習はやめてスクリプトをみる
  • 注意点③:何本も映画・ドラマを見るより何回も見よう

順に解説します。

注意点①:最低限の事前準備はする

リスニングだけでなく、英語学習全般に言えることですが、自分にあったレベルのもので学習しないと思ったような効果が出ません。

では映画・ドラマで独学するのに必要なレベルとはどの程度のものなのでしょうか?

これは見るものによるので一概に言えませんが、70%は内容が理解できるものがよいでしょう。

半分も理解できないような英語が使われている映画やドラマでは完全に消化不良になってしまいます。

ここでいう70%は内容が理解できるというのは、英語のスクリプトや英語字幕を読めば70%は内容が理解できるということです。

別に現状聞き取りのみで70%把握できなくても大丈夫です。

というかおそらく多くの人は聞き取りのみで70%把握なんてできません!

英語のスクリプトや英語字幕を読めば70%は内容が理解できるというレベルと言われても、実際に読んでみないとわからないので不親切ですね。

なのでもう少し噛み砕きます。

日常会話に特化したような映画・ドラマに関して言えば、中学レベルの英語が理解できれば70%程度は把握できます。

おすすめの事前学習としては、瞬間英作文がおすすめです。

瞬間英作文を3ヶ月程度しっかりこなせば、自分の言いたいことも70%程度は言えるようになるし、リスニング学習をまだ始めていなくてもある程度聞き取れるようになります。

詳しくは下記の記事などで解説しています。

興味のある方は一読ください。

注意点②:聞き流すだけの学習はやめてスクリプトをみる

巷で有名な英語の学習法で聞き流すだけというのがあります。

映画って聞き流すにはぴったりっぽい教材ですよね?

ただ結論からいうと多くの人にとって無意味なのでやめましょう。

このあたりは下記の記事に詳しく書いているので興味のある方は一読ください。
97.3%の人には効果なし!英語リスニングのための聞き流し学習』へ

そもそもですが、何度か聞いて聞き取れない箇所は、繰り返し聞いても聞き取れるようにはなりません。

『ではその部分は諦めるのか?』

『いいえ違います。スクリプトや英語字幕を見ながらもう一度聞いてみてください』

そうすれば先ほどはまったく聞き取れなかった表現もわかるはずです。

確かに文によっては、スクリプトをみながら何度か聞かないと聞けないものもあります。

ただ共通して言えることは、なんと言っているのかわかってからであれば聞き取れるということです。

これは実際に聞こえる音と、自分の頭の中にあるに音のギャップが埋まったから聞こえるようになったのです。

この辺は解説すると長くなるので、別記事にしています。

詳しくは下記の記事を是非一読ください。

注意点③:何本も映画・ドラマを見るより何回も見よう

英語学習では繰り返しな地味な学習が一番聞きます。

スクリプトなどを確認しながらであれば1度目よりも2度目・3度目の方が聞き取れる言葉は多くなります。

これは当然で、内容の把握がよりできているので次どんなシーンがくるかわかっていると話す会話にのみ集中できます。

なので次から次に新しい映画に手を出すのではなく、最低でも同じ映画は2~3回はみて欲しいです。

地味で面白みがないでしょうが、コツで解説した通り面白いと思えるものを選んでいるとこの部分のストレスが少なくて済みます。

映画・ドラマを使ってのリスニング独学時の学習ステップ

映画・ドラマを使ってのリスニング独学時の学習ステップ上記で3つの注意点を解説しました。

でも注意点だけ聞いてもどんな感じで学習を進めればいいかわからないですよね?

ここではおすすめの学習ステップを紹介します。

ちなみに今回はおすすめの学習ステップのうち簡単な方を紹介しています。

もう一つの方法は、実際に僕が学習期に取り入れた学習方法です。

かなりスパルタですが、リスニングのレベルは短期間で爆上がりします。

こちらは近日中にやり方を紹介した記事を出します。
【追記】
下記の記事が、実際にやって、リスニング力を爆上げした勉強方法です。
英語のリスニングが上達した勉強法!実体験で効果立証済み!

おすすめの学習ステップ:簡易ver
  • ステップ①:日本語字幕または吹き替えで見る
  • ステップ②:気に入ったシーンを見つける
  • ステップ③:気に入ったシーンを完コピする

順に解説します。

ステップ①:日本語字幕または吹き替えで見る

まずは内容を頭に入れましょう。

細かい表現などは気にしなくてもいいです。

とりあえず大まかな流れをつかむことを意識します。

というか単に楽しんで見るだけでいいです。

ステップ②:気に入ったシーンを見つける

映画を一通りみて、なんかこのシーンのやりとりかっこいいなと感じるところやいいセリフだなと思えるところを自分なりに探してください。

映像がかっこいいとかではなく、やりとりやセリフで選んでくださいね。

ステップ③:気に入ったシーンを完コピする

このステップでは実際に気に入ったシーンの前後を完コピしましょう。

日本語字幕もしくは吹き替えでみているのでなぜそんな会話になったかわかりますよね?

その関係ある一つの流れを、英語字幕もしくはスクリプトをみて、英語でなんと言っているのか聞き取りましょう。

そんな長い範囲の会話ではないので、聞き取ること自体は難しくないですよね?

ではその会話全体を、実際に自分の声で発話して完コピしましょう。

なんども繰り返して発話しましょう。

子供の頃にCMのフレーズまねしてる友達っていませんでしたか?

僕はそういう子供だったんですが、あんな感じでが理想です。

子供がCMを真似するように、あなたはお気に入りのシーンを何度も真似して完コピしましょう。

空で言えるようになれば完璧です。

こんな感じで完コピできるシーンを増やせればそれだけ英語を聞き取る力や、表現する力が伸びます!

英語独学でリスニング学習におすすめなのはシットコムのドラマ

英語独学でリスニング学習におすすめなのはシットコムのドラマ今回はすごい長文になってしまいました。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

いろんな映画・ドラマをおすすめしたので迷っている方がいるかも知れません。

ドラマか映画かで迷っているならドラマがおすすめです

結論ですが、ドラマか映画で迷っているならドラマがおすすめです。

ドラマの方が優れている点が2点あるからです。

ドラマが映画より優れている点
  • 1話が映画に比べて短く集中できる
  • 登場人物が固定なのでメインの英語に慣れれる

だらだらと見るのはよくないです。

その点ドラマは1話がものによっては、30分程度と短いので集中して見切ることができます。

またメインキャラクターが固定で話が進むので、シーズン途中から慣れて非常に簡単に聞き取れるようになってきます。

そんな点から、迷ったらドラマがおすすめです。

ドラマのおすすめのジャンルはシットコム

またドラマの中でもシットコムと呼ばれるコメディのジャンルがおすすめです。

シットコムとは同じ舞台やキャストで一話完結のストーリーを紡ぐ「シチュエーション・コメディ」の略です。

一般的にお客さんの笑い声や拍手がストーリーの合間に挿入されることが特徴です。

バカ殿みたいに途中で笑いや拍手が入るやつと思ってたらだいたい正解です。

理由は、笑いどころがどこかわかり実際に外国人と話すときにどういう話の運びをすれば笑ってもらえるのか参考にできるからです。

これは僕が関西人だから気にするのかも知れません。

ただ、笑いを取れたら外国人の友達を作るのもめっちゃ簡単になりますよ。

なのでシットコムがおすすめです。

今回紹介した中でシットコムのジャンルのドラマは

・FRIENDS

・How I met your mother

の2作です。

How I met your mother は上でも述べたようにオンラインで見るすべが今ないので、とりあえず FRIENDS から入ってみてはどうでしょうか?

FRIENDS は hulu でも Netflix 視聴可能です。

まとめ

楽しむやっとまとめです。

気づけば1万文字を越えてしまう分量になりました。

申し訳ありません。

絶対忘れると思うので内容をざっくり振り返ります。

本文のまとめ
  • 最低限の事前準備はする
  • 聞き流すだけの学習はやめてスクリプトをみる
  • 何本も映画・ドラマを見るより何回も見よう
  • ドラマか映画で迷ったらドラマがおすすめ
  • ドラマの中でもFRIENDSがおすすめ

他にもコツやメリットも概要のみ解説しましたね。

いろいろ解説しましたが、映画やドラマは楽しんで学習するためのツールです。

なのでまず第一に楽しみながら学習しましょう。

より効率を求めたくなったなら、今回解説させてもらったことが確実に役にたちます。

ではでは楽しい英語学習ライフを(`・ω・´)ゞ