瞬間英作文

瞬間英作文の効果がすごい!【実体験から効果がでた期間と学習量を紹介】

瞬間英作文の効果【実体験から効果がでた期間と学習量を紹介】

英語を話せるようになりたい人『英会話の勉強に瞬間英作文がいいって聞いたんやけど、どんな効果があるんやろう? 効果が出るまでにどれくらいの期間がかかるのかな? どれくらい学習しないとダメなんだろ?』

このような疑問に答えます。

この記事を書いている僕は、中学の時に英語に挫折しました。

また、21歳で初めて行った海外では、スタバで注文すらできずに長蛇の列を作りました。

そんな僕でしたが、今では英語が話せるようになり、アメリカ人の彼女までいます。

僕が英会話のためにした、主な勉強は瞬間英作文です。

なので、記事の内容は全て実体験に基いて書いています。

英語を話せるようになりたいと考えている方の参考になるはず。ぜひじっくりとご覧ください。

『そもそも瞬間英作文って何?』という方は、下記の記事をまずご一読ください。

瞬間英作文の効果

瞬間英作文の効果
瞬間英作文は多様な面で効果がありますが、最も効果を顕著に実感できるのは、『英語が話せるようになる』ということです。

ではなぜ瞬間英作文をすると英語が話せるようになるのでしょうか?

まずはその理由を見ていきましょう。

瞬間英作文が英会話に効果がある理由

瞬間英作文をすると、なぜ英語が話せるようになるのでしょうか?

その理由は、瞬間英作文をすることによって、英語の運用力・反射力が鍛えられるからです。

どいうことでしょうか?

英語を話せる力というのは下記のような公式で成り立ちます。

知識 ✖️ 運用力(反射力) = 英語を話せる力

このような公式を仮定した場合、日本人の知識と運用力のバランスは非常に悪いのです。

受験英語やTOEICのおかげ、知識だけであればなかなかのレベルだと思います。

しかし、運用力に関しては全く備わっていない場合が多い。

野球の上手い人から、方法論を聞いても知識は増えますが、野球の技術は実際に練習しないと向上しないですよね?

それと同じで英語も知識を仕入れるだけでは、運用力は身につきません。

運用力を身につけるにはひたすら練習するしかありません。

瞬間英作文では、まず単純な「型」を、知識から条件反射的に引っ張りだす練習繰り返し行います。

それも1度や2度なんてレベルではありません。

同じ英文を何十回と繰り返します。

さすがにそれだけすると、その英文の型が体に染み付きます。

体に染み付くと、会話の中で必要に応じて、必要な型を瞬時に呼び出して文を組み立てられるようになります。

瞬間英作文を学習に用いると、上記のような理由で英語が話せるようになるのです。

瞬間英作文の効果【実体験ベース】

瞬間英作文の効果【実体験ベース】

瞬間英作文をすると英語が話せるようになるという理論はわかった。 ただ実際に話せるようになるにはどれくらいの期間と学習量がいるの? また具体的にどの程度話せるようになったん?

次は上記のような疑問が出てきたのではないでしょうか?

下記ではそれらについて解答します。

瞬間英作文の効果【実体験ベース】

実感できた効果としてこの項目で言及しているのは、第一ステージを終えた段階までで感じられた効果についてです。

第一ステージを終えて、感覚的ではありますが、言いたいことの7割は言えるようになりました。

残りの3割は単語がわからなかったりで言えないといったものが主です。

またこのとき、言いたいことの7割は言えるようになりましたが、英語がペラペラな現在と比べると、少し会話のテンポが遅かったです。

その理由は、英語を話すとき簡単にですが、まずはじめに日本語で考えて、その考えた日本語を英語にするという段階を踏んでいたからです。

それでも日本語を英語にする練習はひたすらこなしているので、会話ができないほどの間の悪さと言った感じではありません。

学習を続けると、日本語を介さなくなるのですが、当時はまだその域にまで到達していませんでした。

効果が出るまでにかかった期間

では具体的に上記のような効果が出るまでに要した期間ですが、僕の場合はおおよそ3ヶ月程度でした。

この3ヶ月というのは言い換えると、第一ステージの学習が終了した期間です。

ただ実際には各文法事項を終えるごとに、その文法事項を使った表現はできるようになっていました。

2ヶ月目終わりあたりでは、60以上の文法事項を使えていたのでそこそこ話せました。

効果が出るまでの学習量

僕は第一ステージを終えるまでに教材を2冊使用しています。

ただそのうちの1冊は全然やり込んでいなかったので、期間にも入れていません。

実際に本気で瞬間英作文の第一ステージに取り組んだ際に使用したのは1冊の教材だけです。

その教材は、効果が実感できた3ヶ月程度の間に、少なく見積もっても30周以上はこなしました。

ただ今後も学習を続けていくのであれば、30周もする必要はないかなと思います。

ただ僕と同様30周以上すれば確実に話せるようになりますよ。

ちなみにこの段階で使用した教材は下記の記事で紹介しています。
>>参考:『会話できる英文法大特訓』レビュー【話せるようになる学習計画も解説】

まとめ:英語を話せるようになりたいなら瞬間英作文をやるべし

記事内のポイントをまとめます。

  • 瞬間英作文の効果は英語が話せるようになること
  • その理由は、運用力が身につくから
  • 具体的には言いたいことの7割が言える
  • かかる期間は3ヶ月程度
  • 学習量は1冊を30周

こんな感じ。

最後の一文の『1冊を』というのは地味に重要です。

何冊も中途半端にやるのではなく、これと決めた一つのものにガッツリと注力しましょう。

その結果自然と英語が頭の中で回るようになります。

そうなれば寝言でも英語を話すようになりますww

というわけで、ごりごり頑張りましょう〜\(^o^)/

具体的な瞬間英作文のやり方は「瞬間英作文のやり方【絶対に押さえておかないといけない4つのポイント】」という記事で解説しています。

瞬間英作文のやり方【絶対に押さえておかないといけない4つのポイント】
瞬間英作文のやり方【絶対に押さえておかないといけない4つのコツ】瞬間英作文はシンプルな学習方法ですが、しっかり効果を出したいなら正しいやり方とポイントを押さえておく必要があります。間違いなく効果がでるやり方で学習したい方は必読です。...

本記事では、話すようになると言う効果に絞って解説をしてきました。

ただ瞬間英作文はリスニングへも一定の効果があります。

下記記事では瞬間英作文がリスニングに与える効果について解説しています。
>>瞬間英作文ってリスニングにも効果があるの?

瞬間英作文ってリスニングにも効果があるのか?
瞬間英作文ってリスニングにも効果があるの?瞬間英作文がリスニングにも効果があるのか知りたいですか?本記事では、瞬間英作文がリスニングに与える具体的な効果と勉強方法を解説しています。英会話ができるようになりたい人は必見です。...