英会話

新年の英語学習でまず最初にやるべきこと

新年

新年でモチベーションの高い英語学習者『新年になったし、気持ちを新たに英語学習したいな。まずは何をしたらいいんだろう? 今まで何度か挫折してるから、今度は失敗したくないな。』

このような方の悩みに答えます。

新年になって、新たな目標を立てたりしましたか?

気持ちを新たに英語学習を始めようとされている方が多いのか、このサイトのアクセス数も新年になり急激に増えました。

そんなモチベーションが高い学習者が、新年にまずすべきことを解説していきます。

新年の英語学習でまず最初にやるべきこと

新年の英語学習でまず最初にやるべきこと早速ですが、まず最初にやるべきことを紹介します。

目標やイメージをメモに残す

なんだそんなことかと思われるかもしれないですが、大事です。

理由は新年に立てた目標を、1年後まで覚えている人が驚くほど少ないからです。

例えば去年に立てた目標を覚えていますか?

多くの人が悩んでしまうのではないかと思います。

悩むということは、その目標に向けて努力もあまりできなかったのでないでしょうか?

1年は短いようで長いです。

嬉しいこともあれば、仕事がうまくいかずヘコんだり、面白くないことがあってイラついたり、と色々なことが1年の間にあります。

なので新年の目標なんて3月には忘れるのが普通です。

でも新年の目標は「今年こそは!」と、新たに決意することなので一番気持ちが燃えています。

もしその気持ちを忘れずに努力できればどうなるでしょう?

1年あれば、今現在、英語にコンプレックスを抱えているとしても、計画的に学習を続けることで、英語が話せるように必ずなります。

だからメモに残しておいて欲しいのです。

そして目の届くところにおいてください。

強制的に視界に入る所がオススメです。

そしたら挫折しそうになる時も、1番燃えていたときに立てた目標を見るので、
『あのときはこんなに燃えていたじゃないか!』と踏みとどまる助けにもなります。

ですから目標は飾らずにストレートな気持ちで書いてください。

持ち歩くわけではないので、誰に見られる心配もないはずです。

目標から中目標を設定する

しっかり意識の高い恥ずかしい目標が書けましたか?

では1年後の最終目標が決まったところで、その目標からいくつかの中目標を設定していきましょう。

中目標を設定する理由は2つあります。

1つ目は達成するための具体的な方法が明確になるということ。

現状の恥ずかしい目標のままでは、何をどうすればいいのか不明瞭なはずです。

なので具体的な方法にまで噛み砕いたものを中目標として設定しましょう。

そうすることで、何をすればいいかわからず挫折するということが無くなります。

また中目標を達成していくだけで、最終目標に到達できるはずなので、何も考えず黙々と作業に集中することができます。

2つ目はちょこちょこ成功体験を入れて学習意欲を保つためです。

最終的な目標しかない場合、目標へ向かっていてもなかなか達成感が得られません。

その結果、挫折してしまうという事態になります。

一方、達成までに期間がそれほどかからない中目標を設定することで、その目標に対して近づいている感が得やすくなります。

その感覚が、続けるためのモチベーションになります。

また中目標を設定する際は、数値を入れてできているかわかりやすくしましょう。

またその数値も成果物に対するものである方が良いです。

例えば、『英語を話せるようになる』という目標があった時、

『毎日30分勉強する』ではなく。

『いつまでに瞬間英作文を◯周する』という風にしましょう。

新年の目標を忘れず継続さえできれば英語は話せる

新年の目標を忘れず継続さえできれば英語は話せる先にも言いましたが1年は短いようで長いです。

1年あれば、今現在、英語にコンプレックスを抱えているとしても、計画的に学習を続けることで、英語が話せるように必ずなります。

英語を話せることは特殊なことではない

僕は英語が話せるおかげで、すごいと思われることが多々あります。

ただ英語を話せることは特殊なことではありません。

誰でも継続的に努力できれば英語を話すというスキルは身につきます。

そもそも僕は、学生時代に三単現で英語から脱落しました。

高校生になっても英語の試験は赤点しかとったことがありません。

というか高校時代は勉強を全くしてなかったので、ほとんどの教科が赤点でした。

そんな僕でも、今はもう英語が話せ、アメリカ人の彼女までいます。

何をしたかというと、1年間継続して英語を学習しただけです。

またその学習方法はこのブログに書いています。

こんな僕でも話せるようになったんです。

誰でも話せるようになるはずです。

血の滲むような努力はいりません、淡々と継続してください。

本当にそれだけです。

結果を急がない

最後になりますが、結果を急がないでください。

確かに英語は誰でも話せるようになりますが、成果が自覚できるまでにはある程度の時間がかかります。

英語力はある時期を境に急に伸びて行きます。

なので、初めのうちは努力にあったリターンが得られないように思えます。

結果がすぐに出ると考えていると、張り切って学習しても『一生懸命にしているのに効果がない』と落胆して、挫折してしまうかもしれません。

そうならないためにも『結果はすぐには出ない』と初めから思っておいてください。

それでもモチベーションが切れそうになったら、初めに書いたメモを見返してください。

きっと踏みとどまる手助けになるはずです。

成長が自覚できていなくても大丈夫です。

コツコツ継続的にやっていれば絶対に伸びますから。

来年の今頃はあなたの目標が叶っているように、今年は新年の目標を忘れずに近づく努力を継続的にしていきましょう。