英会話

英語学習にかかる時間はただの目安!成果が出れば気にならない!短期間で成果を出そう

英語学習にかかる時間はただの目安!成果が出れば気にならない!短期間で成果を出そう

こんにちは、Tim(ティム)です。

英語学習してても成果が出るか不安。どのくらいの時間勉強すれば成果は出るのだろう?

このような不安を抱えている学習者は多いと思います。

僕はほぼ独学で英語を身につけました。

当時は勉強法を相談できる人もいなかったので、僕も学習期間中にはよく不安になりました。

色々調べて試しては失敗してを経て、今ではアメリカ人の彼女と一緒に生活できるほど英語が話せるようになっています。

独学で英語が話せるようになった僕が、少しでもあなたの不安を解消できるように英会話と英語学習の時間について解説します。

一般論だけでなく、僕自身の経験談も交えての解説です。

【本記事の内容】

・英語学習にかかる総時間の目安がわかる
・実体験ベースの学習時間がわかる

では早速解説していきます。

英語学習に必要な総時間の目安とは

英語学習に必要な総時間の目安とは

日本人が英語を学ぶのに必要な学習時間は2200時間

ネットで調べると、日本人が英語学習に必要な時間は、おおよそ2200時間という意見が多いです。

この意見は、アメリカ国務省付属機関FSIの調査が元になっています。
※ForeignServiceInstitute(FSI)・・・アメリカ国務省および50以上の政府機関、軍事国防関係者に言語教育を行っている機関。年間70,000人の登録者に70以上の外国語を含む800以上のコースを提供している。

英語学習にかかる時間

引用:トライズ公式HP

上の表は、アメリカ国務省の付属機関であるFSIが『英語を母国語とする人が、言語を習得するのに必要な時間』を表したデータです。

日本語と英語は全く文法も単語も違う言語なので、英語を母国語とする人たちが日本語を学習するには約2200時間かかるという研究結果が出ています。

この研究結果から、逆に日本語を母国語にする、僕たち日本人が英語をマスターするにも同様におおよそ2200時間かかると考えられています。

2200時間とかめっちゃ長いやん。だるー

社会人は英語を1000時間学習したらいいらしい

気休めにしかなりませんが、中学・高校の英語の授業で既に約1200時間の英語を学んでいます。

なので理論的には、残り1000時間の英語学習をすれば英語をマスターできるということになります。

ほんまかいな?

突っ込みどころはあると思いますが、研究で平均を取っているので大きく外れているということはないでしょう。

それでも1000時間とかめっちゃ長いやん

そうですね確かに1000時間は長いです。

ただ上記の2200時間というのはビジネスレベルで言語が使えるようになる時間です。

なので話せるようになるという目標であれば、もっと短い時間で達成可能です。

僕が英語を少し話せるようになるまでにかかった学習時間・期間

僕が英語を少し話せるようになるまでにかかった学習時間・期間

英語学習かかった時間

だいたい270時間ほどでした。

もともと500時間を覚悟してましたが、270時間ほどで話せるようになったなと感じました。

話せるようになったなと感じた時の英語力は

言いたいことの7割は伝えられる

と言った具合でした。

英語学習かかった期間3ヶ月

1日だいたい3時間ほど勉強していたので、1ヶ月で約90時間は勉強しました。

それを3ヶ月間コツコツと継続した結果、上記のように感じるまでに英語力をあげることができました。

学習期間中の英語力の変化ですが、おおよそ自分では下記のように感じていました。

  • 1ヶ月目 全然話せるようになったかわからない
  • 2ヶ月目 独り言で英語がどんどん出てくるようになった
  • 3ヶ月目 英語で話す夢をみる

見てもらったらわかるかもしれませんが、1ヶ月目は自由に使える英語が少なすぎて、全く成長を感じられませんでした。

ただ2ヶ月目の後半くらいからは、自由に使える英語が増えて、結果として独り言が英語でも色々な場面で言えるようになりました。

意識して独り言を英語でいうようには、学習開始時からしていました。
ただ1ヶ月目では使えるが少なすぎて、ほとんど言えないと言った感じでした。

なので単純に勉強の成果を感じるだけなら、約180時間

話せるようになったと感じるには、約270時間

と言った感じです。

1000時間から比べると格段に短くなりましたよね?

英語学習かかった時間は目安にしかならない

僕の場合は、おおよそ270時間で結果を実感できましたが、場合によってはもっと必要な人もいます。

それが次。

学習の密度によって必要になる時間は異なる

学習の密度によって必要になる時間は異なる

学習の密度によって必要になる時間は異なる

上記で、場合によっては270時間よりもっと時間が必要な人もいますとお伝えしました。

それは学習の密度の差によるものです。

学習の密度とは単に集中力の差とかもありますが、それは数値化が難しいので今回は取り上げません。

今回いうところの学習密度は具体例を出した方わかりやすいかと思います。

Aさん・Bさんという二人の例を見てみましょう。

・Aさん:週に1度、3時間を90週間継続

・Bさん:毎日3時間学習を3ヶ月継続

二人とも合計は同じ270時間を達成しています。

では二人とも話せるようになったのでしょうか?

おそらくAさんは話せるようになっていないと思います。

人間は残念ながら忘れてしまう生き物です。

なので週に1回3時間という密度がスカスカな方法では時間をかけても思ったように成果を得ることができないのです。

英語学習は短期間で勝負すべき

じゃあ毎日少しの時間でも継続した方がいいのか

ここまで読んでくださったら上記のように考えるかもしれませんね。

それは半分正解・半分不正解です。

というのも『英語はある一定のレベルまでは短期間で成長してしまう方がいいから』です。

ある一定のレベルとは上記で言ったような

『話せるようになってきたな』

と自分で感じるレベルです。

理由は次で解説します。

結果が出れば英語学習に必要な時間なんて気にならない

結果が出れば英語学習に必要な時間なんて気にならない

どうしてあなたは学習時間が気になるのか?

そもそもどうしてあなたは英語学習に必要な時間が気になるのでしょうか?

どのくらいで英語が話せるか知り、かける労力にあうかどうか気になるなど、色々あるかと思います。

でも突き詰めて極論をいうと結果出るか不安だからではないですか?

ということは結果が出ていることがわかれば不安にもならず、一般論的な学習時間なんて気にならないんです。

あなた自身が話せるようになってきたと感じるレベルになれば、不安は激減するということです。

なのでまずはそのレベルまでは時間をかけずに短期間で到達してしまいましょう。

そこまでくれば、楽しくなって勝手に英語の学習が続きます。

僕自身、英語学習の総時間自体は膨大だと思います。

ただ、最初の3ヶ月以降は勉強をしているという感じではないです。

にも関わらず、英語力は伸びています。

まとめ:辛いのは最初の3ヶ月間だけ

まとめ:辛いのは最初の3ヶ月間だけ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

長かったので内容をまとめます。

本記事のまとめ
  • ネットでは2200時間かかると言われている
  • 小さな結果を手に入れるのに必要な時間はずっと短い
  • 短期集中で取り組めば270時間で少し話せるようになる
  • 小さな結果さえ出れば不安にならず楽しんで成長できる

上記のような感じですね。

本当に辛いのは小さな成果が出るまでの3ヶ月間ほどだけです。

それさへ乗り越えてしまえば、英語ができるようになったも同然です。

また具体的にその3ヶ月は何をするのかですが、それは瞬間英作文です。

瞬間英作文ってなに?という方は下記の記事から一読ください。

今始めると年末の旅行に余裕で間に合います。

あとはやるかやらないかです。

英語できると、比喩ではなく世界が広がりますよ。

ではでは。