文法

英語を話すための英文法:to不定詞②【形容詞的用法】

英語を話すための英文法:to不定詞②【形容詞的用法】

こんにちは、Motokiです。

第31回目の英会話のための文法コラムです。

前回は助動詞の to不定詞の【名詞的用法】 についての学習しました。

ではサクッと復習していきましょう

前回の復習
  • 不定詞は名詞的・形容詞的・副詞的の3用法がある
  • 名詞的用法は、動詞に名詞の役割をさせる用法
  • 不定詞を使う方法は『to + 動詞の原形』

簡単でしたよね。

不定詞が使えるようになると、話せる幅がかなり広がりますよ。

自信がない方は「英語を話すための英文法:to不定詞①【名詞的用法】」をさっともう一度流し読みしてみてください。

ざっくりで理解できたなってくらいでいいですよ。

完璧主義は害でしかないですからね。
>>参考:「英語を話せない5つの理由|マインドを変えよう

さて今回も引き続き不定詞です。

今日扱う不定詞は【形容詞的用法】です。

今回学ぶ知識で何ができるか

・何か飲むものが欲しい
・今月使えるお金があまりない
・彼は彼女にあげる本を買った

上記のような文章が作れるようになります。

日本人でこの用法をちゃんと使えてる人が少ないです。

だからこの用法を使える人は英語ができるなって思います。

でも実際はそんな難しくないので安心してください。

to不定詞【形容詞的用法】とは

to不定詞の形容詞的用法って言う文法用語ですが、覚える必要はないですよ。

この用法で使った to が文章の中で、どのような働きをするのかわかればそれでいいです。

to不定詞の形容詞的用法は、不定詞が名詞の修飾語(補足説明をする)として働くことを言います。

うん、これだけじゃ意味わかんないですよね。

形容詞は下記の太文字のように名詞を説明するものです。

・a big cat
(大きいネコ)

・a cute girl
(かわいい女の子)

・a smart dog
(かしこいイヌ)

それぞれ big(大きい)がネコを、 cute(かわいい)が女の子を、 smart(かしこい)がイヌという名詞を補足説明してますよね。

まあ、例文付きでおいおい解説していくので今は

へぇーそうなんや

と思っておいてください。

また、この用法で使われる際は『〜するための』とか『〜するべき』って教科書とかでは訳されてますけど、場面によって訳し方が変わります。

その時々でいい感じの日本語に訳しましょう。

to不定詞【形容詞的用法】の使い方と例文

使い方は簡単で、toの後ろに動詞の原形をつけるだけです。

名詞 + to + 動詞の原形

これだけです。

必ず説明される名詞が先にきて、その後に不定詞がくるという順番です。

例文をみていきましょう。

・I want something to drink .
(何か飲むものが欲しい)

・It’s time to go to bed .
(寝る時間だ

1つ目の例文では something(何か)という名詞を to drink が補足説明してますね。

だから文法に準じて訳すと『飲むための何か』という風になります。

2つ目の例文では time(時間)という名詞を to go to bed という形で補足説明してます。

まとめ

まとめ
  • 不定詞の形容詞的用法は名詞を補足説明する
  • 『名詞 + to + 動詞の原形』という語順で使われる

端的に説明すると、すごく簡単そうですね。

今回の本文を読んだだけでは、まだ使えないと思います。

本文をなんとなく理解したら、瞬間英作文で実際に文を作る練習をしましょう。

そうすることで、学んだことを自分のものにすることができます。

textbooks
英会話に効果抜群な瞬間英作文トレーニングとは『英語が話せるようになるなら、やり方ははなんでもいいねんけどな。 色々調べてたら瞬間英作文っていう学習方法出てきてんけど、これってなんなん? どんな手順で取り組んだらええの?』このような疑問に答えます。 ...

では最後にいつも通り問題をといて終わりましょう。

練習問題

◇英作してください

①:今月使えるお金があまりない

②:彼は彼女にあげる本を買った

③:彼女はお弁当を作る時間がない

回答

①:I don’t have much money to spend this month .
⇨money(お金)という名詞を to spend って説明してますね
このレベルでも口に出しすのは難しいかもしれませんね
何度も口に出して口に馴染ませましょう

 

②:He bought a book to give her .
⇨book(本)という名詞を to give って説明してますね
文章が過去形になっても文の作り方は同じですね

 

③: She doesn’t have time to make lunch box.
⇨time(時間)という名詞を to make って説明してますね
否定文になっても作り方の核は一緒ですよね?

どうでしたか?

このレベルでも話せるようになれば、いろんなことが言えそうですよね?

何度も口にして、口に馴染ませましょう!

そしたら話せるようになります。

次回は副詞的用法ですです。

ではでは

おすすめ記事

英語を話せるようになりたい!独学でも失敗しない4つの学習手順

error: コンテンツは保護されてます