文法

英語を話すための英文法:過去の出来事を話す『過去形』の作り方②

英会話のための文法:英語で過去の出来事を話す『過去形』の作り方②

こんにちは、Motokiです。

第11回目の英会話のための文法コラムです。

前回はbe動詞での過去の文章の作り方と、一般動詞の変化のルールと例外を紹介しましたね。

ではサクッと復習していきましょう。

前回の復習
  • 過去形は動詞を過去形にするだけ
  • is, am の過去形は was
  • are の過去形は were
  • 規則変化する一般動詞は末尾が ed で終わると覚えておく
  • 不規則変化動詞は70個ちょっと

覚えてましたか?

全く覚えてない方は英語を話すための英文法:英語で過去の出来事を話す『過去形』の作り方①をさっともう一度流し読みしてみてください。

英会話のための文法:英語で過去の出来事を話す『過去形』の作り方①
英語を話すための英文法:過去の出来事を話す『過去形』の作り方①こんにちは、Motokiです。 第10回目の英会話のための文法コラムです。 前回は疑問文の作り方についての解説しました。 ...

今回は覚えた一般動詞の過去形を使っていろんな文章を作っていきます。

今回学ぶ知識で何ができるか

・大学生の時に彼女と会いました
・小学校では給食がありましたか?
・彼女は彼と連絡先を交換しなかった

上記のような文章が作れるようになります。

前回の記事と合わせるとかなりのことが過去形で言えるようになります。

今までの復習ができていれば、今回は覚えることは多くありません。

一般動詞を使った過去形【肯定文】

一般動詞を使った肯定文で過去のことをいうには

動詞の過去形を使う

これだけです。

現在形の一般動詞を使った文章では、主語によって動詞の形が変わったりしましたね。

三単現とかいうやつです。

忘れている人は下記の記事を読み返してみてください。

difference
英語を話すための英文法:一般動詞の使い分け英会話のための英文法。今回のテーマは『一般動詞』の使い分けです。『一般動詞』も文の主語が何かによって決まります。またこの講義を受けてえた知識がどのように役立つかも解説。話せる幅が広がりますよ。...

覚えてました?

主語によって動詞の形が変わるので面倒でしたね。

でも安心してください。

過去形の文では主語は何であっても動詞の形は変わりません
(動詞の過去形を使うだけ)

これは非常に楽ですね。

では例文をみていきましょう。

(*ちなみに今回のコラムでは、不規則変化動詞をすでに覚えている前提で進めています。
まだ覚えていない人は下記の記事のリストをみながら学習するか、覚えてしまってから学習してください。)
不規則変化動詞まとめ表

・I went to the bar last night .
(昨晩そのバーへ行った)

・He met her when he was college student .
(彼は大学生の時に彼女に会った)

・They played basketball when they met last time .
(前回会った時に彼らはバスケットをした)

上記の文章では全て過去形になってるだけで、主語によってその過去形の形は変わってないですよね。

例えば they met と he met を見れば同じ動詞が同じ形で使われているとわかりますね。

一般動詞を使った過去形【疑問文】

肯定文の次は疑問文です。

現在形の一般動詞を使った文章での疑問文の作り方を覚えていますか?

do または does を主語の前に置き、動詞を原形にして、文末に ? をつける

でしたね。

忘れてたら下記の記事をみてこっそり復習してみましょう。

英会話のための文法:英語での疑問文の作り方
英語を話すための英文法:英語での疑問文の作り方こんにちは、Motokiです。 第9回目の英会話のための文法コラムです。 前回は否定文の作り方についての解説しました。 ...

過去形では do や does の代わりに did を使います。

つまり

did を主語の前に置き、動詞を原形にして、文末に ? をつける

というのが過去形の疑問文を作るときの基本ルールです。

原形に戻すというのを忘れがちなので注意しましょう。

動詞は過去形にするのではなく、原形です。

例文をみていきましょう。

・Did you find anything nice ?
(なんかいい物あった?)

・Did they go USJ together ?
(彼らは一緒にUSJに行ったの?)

・Did she say so ?
(彼女がそう言ったの?)

イージーですね。

一般動詞を使った過去形【否定文】

肯定文・疑問文ときて次は否定文です。

否定文も現在形の一般動詞を使った文章での否定文の作り方がベースになります。

覚えてますか?

do not または does not を動詞の前に置き、動詞を原形にする

でしたね。

現在形の一般動詞を使った否定文は、下記の記事で復習できます。

英会話のための文法:否定文の作り方
英語を話すための英文法:否定文の作り方こんにちは、Motokiです。 第8回目の英会話のための文法コラムです。 前回は命令文の作り方についての解説しました。 ...

感が良い人もうわかりましたかね?

否定文の過去形では do not や does not の代わりに did not を使います。

つまり

did not を動詞の前に置き、動詞を原形にする

というのが過去形の否定文を作るときの基本ルールです。

否定文も原形に戻すというのを忘れがちなので注意しましょう。

動詞は過去形にするのではなく、原形です。

do not または does not がそれぞれ don’t や doesn’t と言えたように did not も didn’t とすることができます。

例文をみていきましょう。

・I  didn’t mean to hurt you .
(傷つけるつもりじゃなかっただ)

・She didn’t come to the party .
(彼女はそのパーティーに来なかった)

・They didn’t study English hard when they were high school student .
(彼らは高校の時しっかりと英語を勉強しなかった)

イージーですね。

まとめ

まとめ
  • 過去形の文では主語は何であっても動詞の形は変わらない
  • 過去形の肯定文は動詞の過去形を使うだけ
  • did を主語の前に置き、動詞を原形にして、文末に ? をつける
  • did not を動詞の前に置き、動詞を原形にする

たったこれだけです。

今までのレッスンがしっかりと身についていれば、簡単だっったと思います。

主語の違いによる動詞の変化がない分、現在形より間違えづらいです。

ではいつも通り、練習問題をといて終わりましょう。

練習問題

英作してください。

①:今朝は早く起きた

②:彼は昨日学校に行かなかった

③:昨日のアメトーク観た?

④:彼らは先月別れた(別れる:break up)

 

解答

①:I woke up early this morning .
⇨『起きる・目が覚める』というのは wake up
wake の過去形は woke
不規則変化動詞です。

 

②:He didn’t go to school yesterday . 
⇨過去形の否定文ですね。
動詞の前にdidn’t 置いて、動詞を原形にするだけでしたね。

 

③:Did you watch “Ame talk” last night ?
⇨テレビや映画を『観る』というのは watch を使います。
過去形の疑問文は、did を主語の前に置き、動詞を原形にして、文末に ? をつける
これだけでしたね

 

④:They broke up last month .
⇨『別れる』は break up
過去形は broke up です
不規則変化動詞ですね

どうでしょうか?

レベルが上がってきたなと感じますか?

まだまだですよww

では次回は未来形について学習しましょう

ではでは

 

error: コンテンツは保護されてます