映画

『アナと雪の女王2』予告編公開【前作と異なる映像に海外メディア沸く】

2月13日の水曜日にディズニーがアナと雪の女王の続編になる『FROZEN2』の予告編動画を公開しました。

FROZEN2(原題)となっていますが、邦題は未定です。

単純に『アナと雪の女王2』になるのでしょうか?(下記ではややこしいので『アナと雪の女王2』と呼ぶようにしています)

また上映時期もアメリカでは2019年11月となっていますが、日本での上映時期は未定です。

おそらく前作同様、年がかわってからの上映になるのではないでしょうか。

たった2分ちょっと程度の予告編ですが、Twitterや海外メディアでもリアクションがすごくありました。

理由はいろいろあるかと思います。

まず大ヒットした前作『アナと雪の女王』のあと短編は制作されましたが、本筋となる長編は実に6年ぶりということもあるでしょう(日本での前作の上映は2014年ですが、アメリカでは2013年に公開されている)。

またそれだけではなく、今回の予告編には一切のセリフがありません。

そのことが様々な憶測を掻き立てるのでしょう。

海外メディアで話題になっている事を下記にまとめてみます。

アナと雪の女王2予告編に対する海外での反応

先にも述べた通り、今回のアナと雪の女王2の予告編では、さまざまな疑問がわくような作りになっています。

現在それらの疑問が議論の中心になっています。

Twitterで『Frozen2』とつぶやいている人を検索するとわかります。

では早速、主に議論となっている点をまとめていきます。

全体的にダークな印象なのはなぜ?

予告編では全体を通して、不吉なBGMが流れています。

また映像も鮮やかな色彩ではなく、登場するエルサの顔も覚悟を決めたような表情をしています。

このことに対し、『だれが、もしくは何が王国に危機を与えているのだろうか?』という予測が話題になっています。

僕自身、ディズニーっぽくない予告で驚きました。

気候の変化が王国に影響を及ぼしたのか?

先の何が王国に危機を与えているのだろうか?という疑問に対しての予測として、海外のアナと雪の女王ファンの間では『気候の変化が王国に影響を及ぼしたのではないか?』という予測がされています。

今回の予告編の開始約1分の間、エルサが荒れくるった波にむかっていき、それを乗り越えようとするシーンが描写されています。

また予告の後半では、王国全体が秋の装いになっているシーンが描かれています。

このことから気候の変化が王国に影響を及ぼしたのではないか?という予測が生まれたのではないかと思います。

新しいキャラクターが映るけどだれ?

予告編のなかで、一瞬ですが前作には登場しなかった2人のキャラクターが映ります。

1人は赤い髪をした女の子で、もう1人は金髪?の男の子です。

しかも男性は地面からつきあがるようにして登場します。

そのことから、

エルサ以外にも能力を持ったキャラクターがでてくるのかもしれない。

彼らは今回の敵なのか?味方なのか?

といった議論がなされています。

このあたりは今回のトレーラーでは全く不明なので続報が出るまで議論がおわらないでしょうね。

宙に浮かぶダイアモンドは何を意味するのか?

予告編の中盤あたりで、アナが王国中にダイアモンドが浮かんでいるの慌てて確認するシーンがあります。

この宙に浮くダイアモンドが何を意味するのかという議論が盛んにされています。

というのも今回ディズニーから発表された『FROZEN2』のポスターが下記なのですが
frozen-2-poster

宙に浮いているものと酷似しています。

このことに気づいたファンの中では、今作の『FROZEN2』の重要なファクターになるのではないかという予測がたてられています。

以上が今、海外での『アナと雪の女王2』について議論の中心になっている事のようです。

今後いろいろな情報が出てくるかと思うので、その時も海外の反応を中心に取り上げていきます。

夏には『トイストーリー4』も上映しますし、ディズニー映画の話題は尽きませんね。

また英語学習においても、ディズニー映画は非常に参考になります。

ディズニー映画では難しい表現も、できる限り、簡単なフレーズを用いてはなされるので、特にスピーキングの参考にしたいですね。

このサイトでもディズニー映画のフレーズ解説等をしているので、そちらも見てみてください。
参考:映画:『トイストーリー』を使ったキャラクター別フレーズ英語学習

映画:『トイストーリー』を使ったキャラクター別フレーズ英語学習英語の勉強は地味で面白くないという人。そんな人の味方なディズニー映画を使った英語学習。今回はトイストーリーを使ったフレーズ解説です。キャラクターの特徴別に英語のフレーズを楽しんで学習してみましょう。...

ではでは

error: コンテンツは保護されてます