英会話

英語学習のモチベーションが続かない人必見!科学的にやる気を維持する方法

英語学習のモチベーションが続かない人必見!科学的にやる気を維持する方法

こんにちは、日本語を学びたいけど勉強が続かないと彼女に相談されたTim(ティム)です。

あなたも英語を学習したいけどモチベーションが続かず、3日坊主で終わってしまっていませんか?

それは多くの人が通る道で仕方のないことです。

ただ3日坊主のままではいつまでたっても英語を話せるようにはなりません。

僕自身も英語が話せるようになるまで色々苦労しました。

人よりも英語が苦手だったことから、英語が嫌いというところからのスタートでした。

それでもモチベーションと上手く付き合うことで、英語が話せるようになり、今ではアメリカ人の彼女と一緒に生活できるようになっています。

そんな僕が本記事では、英語学習におけるモチベーションとのうまい付き合い方を紹介します。

【本記事の内容】

・モチベーションは下がるものとわかる
・モチベーションの維持・上げる方法がわかる
・モチベーションに頼らない方法がわかる

では早速始めましょう。

英語学習のモチベーションは下がるもの

英語学習のモチベーションは下がるもの冒頭でモチベーションが続かず3日坊主になるのは当然と言いました。

その理由は、モチベーションは放っておくと下がるものだからです。

モチベーションなんて所詮は感情

モチベーションというのが感情であるということは納得してもらえると思います。

そのモチベーションが下がる理由は、モチベーションは所詮は感情で感情はナマモノだからです。

感情というものは基本的には風化していきます。

え!?どうゆうこと?もうちょいわかりやすく言って

まあ当然の反応ですよね。

例えば、あなたが好きなアーティストのライブに行ったとします。

好きなアーティストですから間違いなく感動するでしょう。

もしかしたら感動のあまり鳥肌が立つかもしれません。

この『感動』というのは間違いなく『感情の動き』です。

でもその感動というのも感情なので、間違いなく風化します。

ライブの1週間後にそのライブを思い出して、もう一度鳥肌を立ててください。

と言われても鳥肌なんて立たないですよね?

好きなことに関しての感情ですら何もしないと風化してしまうのに、心からやりたいと思っていないことに対してのモチベーションをなぜ維持することができるでしょうか?

できませんよね。

そういうことで、モチベーションは放っておくと下がるものという認識持ちましょう。

英語学習のモチベーションを維持・上げる方法

英語学習のモチベーションを維持・上げる方法前の項目まで読んだら絶望してしまいそうですよね。

でも安心してください。

意識して手入れをすればモチベーションは維持したり・上げたりすることができます。

この分野は科学的にいろんな研究がされているので、科学的に有効だと思われるものを紹介します。

英語学習のモチベーションを維持するのに有効な方法は下記の4つです。

モチベーションの維持に有効な方法
  • 自分のレベルにあった難易度のものを取り組む
  • ゴールを細分化・明確化する
  • モチベーションが高いものに囲まれる
  • 5分だけする

順に観ていきましょう。

自分のレベルにあった難易度のものを取り組む

このブログでも度々、教材の難易度はご自身の適切なものを選ぶようにしてくださいと伝えています。

それは身につけるための効率を考えて言っていたのですが、モチベーションの観点からでも適切な難易度というのは重要です。

でも自分にとっての適切な難易度がどんなんかわからない?

ご心配なく!これも科学的に最適な難易度というものが報告されています。

ロシアのヴィゴツキー博士の『発達の最近接領域』という概念から導き出されています。

人が一番やる気の出る難易度は、50%はすでに知っていて、残り50%が未知のもの

その研究によると上記があなたにとっての適切な難易度です。

どうせ新しく単語帳買うなら知らない単語がいっぱいのってる教材がいいやろ!

上記のように考えて難しい本を選んでいませんか?

知らないものが80%とかの本を選んでしまうと、難しすぎてストレスになってしまいます。

結果挫折ということになりかねませんよ。

ゴールを細分化・明確化する

人は目標に近づけば近づくほど生産性が上がり、やる気も高まるといわれている。

これは心理学用語で言うところの『目標勾配仮設』に当たります。

逆に言うと、終わりが見えない感覚を味わっているとなかなかやる気は出てきません。

なので、英語が話せるようになると言うのがゴールと仮定した場合。

そのゴールに向かうプロセスを大中小のゴールと言うように細分化します。

そして『ちょっと頑張ればすぐにどこかのゴールに到達できる』と言う状態を維持できるようにすると良いです。

ただ多くの英語学習者は、ゴールに対してどのようなプロセスが必要なのかを知らないことが多いです。

だからガムシャラに英語を勉強しようとします。

結果思うような成果が実感できずやめてしまう、と言う結果になってしまいます。

そのような挫折を防ぐために、プロセスを選ぶお手伝いをこのブログではさせてもらってます。

近々英会話独学のロードマップのようなものを作ろうと思います。

モチベーションが高いものに囲まれる

電車内でカレーの中吊り広告を見ました。

その後昼食を食べるために入ったファミレスで無意識にカレーを頼んでしまった。

あなたはこんな経験がないでしょうか?

これは『プライミング効果』と呼ばれるものです。

プライミング効果によると、あなたはあなたが思っている以上に、使う言葉や見るものから無意識に影響を受けているんです。

今回の例でいうと『カレーの中吊り広告見る』という刺激が『昼食にカレーを食べたくなる』という結果を導いています。

これを英語学習に応用しましょう。

具体的にいうとスマホの待ち受けを英語が話せるようになったら行きたい場所の風景にしましょう。

また朝起きて目に入るところに、『英語を学習するモチベーションが溢れて止まらない』書いた紙を貼りましょう。

目標管理ノートの一番初めのページには『やる気が止まらない』と書いて毎日見るようにしましょう。

しょうもないことですが、モチベーションを引き出すのに役に立ってくれます。

5分だけする

今回紹介する方法の中で、僕も日頃から常に意識しているのはこの『5分だけする』です。

これは端的にいうと、5分だけでいいからめんどくさくても始めてみる。

すると5分後にはやめないで、ついつい続けてしまう場合が多いという方法です。

マジで効果的です。

始めの5分をするモチベーションがない

確かに最初の5分で取り掛かる作業があまりにも難しすぎるとそうなります。

なので最初の5分で始めるタスクは簡単なものにしましょう。

この方法はベビーステップと言われる方法です。

英語学習のモチベーションが保てそうにないなら

英語学習のモチベーションが保てそうにないなら意識してモチベーションは維持したり・上げたりする方法を紹介してきました。

ただそれでもやっぱり続けられないとなることもあります。

僕もそんな意志力豆腐人間の一人でした。

そんな人は環境を変えてしまうしかありません。

留学・ワーキングホリデー

僕はワーキングホリデーでカナダに1年近く住みました。

本当は留学がしたかったんですが、親の賛成が得られなかったので資金を自分で用意しなくてはいけなくて断念しました。

ワーホリならバイト代を貯めればいけたので、自分でバイト代を貯めて大学を休学してワーホリに行きしました。

そもそも浪人しているし、休学までしてワーホリに行くことにみんな反対していて誰も応援してくれませんでした。

ただその分頑張らなと思えたので、結果的にかなり英語が話せるようになりました。

このへんの話は需要がありそうならまた後日書きます。

ただ留学やワーホリをすれば話せるようになるという訳ではありません。

現地で積極的に学習するようにしましょう。

そのあたりは誤解のないように注意しましょう。

厳しめの英会話学校

わざわざ外国に行かなくても国内にもいい環境があります。

それはスパルタ系の英会話学校です。

値段は一般的な英会話学校よりも高めです。

それでも一般的な英会話学校を僕はおすすめしません。

なぜなら、特に力もつかないのになんか勉強した気になるだけだからです。

でもスパルタ系の英会話学校では、会社の勤務時間などを元にスケジュールを作ってくれます。

そこでいつ何をどれだけいつまでにしないといけないかがわかります。

またそれだけではなくLINEでその進捗通りにできているのかのヒアリングまで行ってくれます。

特におすすめなのが、本田選手がCMをしているプログリットという英語学校です。

プログリットトップ

具体的には瞬間英作文をするなどです。

そらカリキュラムに従ったら話せるようになるわなという印象でした。

ただ残念ながら、校舎が東京・大阪・神奈川・愛知にしかありません。

カウンセリングだけなら無料なので近くに住んでいる人は、カウンセリングだけでも受けてみることをおすすめします。
>>【無料カウンセリング】プログリットの公式サイトはこちら

まとめ

まとめここまで読んでいただきありがとうございます。

長かったので内容をまとめます。

まとめ
  • モチベーションは放っておくと下がる
  • モチベーションを維持・上げる方法は4つある
  • 自分のレベルにあった難易度のものを取り組む
  • ゴールを細分化・明確化する
  • モチベーションが高いものに囲まれる
  • 5分だけする
  • 上記の方法でもダメなら環境を変える
  • 留学・ワーホリにいく
  • いくだけでは話せるようにならないので積極的になる
  • 厳しめの英会話学校に通う

ざっとこんな感じです。

モチベーションとうまく付き合っていき英語を話せるようになりましょう。

ではでは。