映画

映画:『美女と野獣』を使った英語学習【フレーズ:21選】

映画:『美女と野獣』を使った英語学習【フレーズ:21選】
美女と野獣を使って、楽しみながら英語学習したいな。誰かこの映画で使われてるフレーズ解説して

このような要望に答えます。

今回あつかう映画はディズニー映画、『美女と野獣』です。

他の記事でも紹介していますが、ディズニー映画は英語初心者にはうってつけです。

それではフレーズを紹介していきますね!

美女と野獣の使えるフレーズ21選

美女と野獣の使えるフレーズ21選美女と野獣は The・ディズニープリンセス って感じの映画でした。

上記で述べた通り、ディズニー映画は子供でもみれるの映画なので、初心者でも学習に最適です。

このことを踏まえると、この映画の英語レベルも他ディズニー作品同様、初心者向けの映画であると言えるでしょう。

もちろん100%聞き取ろうとするとすごく難しいので、まずは今回紹介するフレーズを聞き取れるかどうかだけに注意してみてみましょう。

では、早速フレーズを見ていきましょう。

1. 昔々、遠い国

Once upon a time, in a faraway land
(昔々、遠い国)

物語の始めに入るナレーションの最初のフレーズ。

この Once upon a time は日本の昔話で使われる「昔々」と同じようにおとぎ話などの初めに出てくる決まり文句です。

Once upon a time の他にもlong long ago と言うフレーズも「昔々」と言う意味で使われます。

他にもおとぎ話の定番表現としては、物語の最後に

…and they lived happily ever after.
(いつまでも幸せに暮らしました、めでたしめでたし)

と言うものもあるのでついでに覚えておくと良いですよ。

2. わがままな上に思いやりを知らなかった

The prince was spoiled, selfish, and unkind.
(わがままな上に思いやりを知らなかった)

ナレーションでの、王子様の説明です。

was spoiled(甘やかされた) はあまり馴染みがないフレーズかも知れませんね。

でも海外ドラマや日常会話では

She is so spoiled.

と言うように、聞く機会が結構多い表現です。

そもそも spoil は『台無しにする、ダメにする』と言う単語です。

それが転じて『甘やかす・甘やかされる』になるんですね。

他に『過保護の親なるな』と言う表現として

Don’t be helicopter parents.

なんてのも知ってると使う機会があるかも知れません。

ヘリコプターのように子供の周りを飛び回ってる親の姿がイメージしやすいので、覚えやすい表現ですよね?

3. どこいくの?

Where are you off to?
(どこいくの?)

ネイティブ以外で、この表現知ってる人は結構マレだと思います。

僕も以前、英語がペラペラなフランス人に、使ったことがあるのですが

ん?

と言う顔をされました。

普通は

Where are you going?
(どこいくの?)

を使うのが一般的です。

このように使う相手の英語力も考慮して、英語を使い分けられるようになれば大したものですね。

そのためにもまずは、シンプルな表現で自分の言いたいことを言えるようになりましょう。

4. 本を返しに来たわ

I’ve come to return the book I borrowed.
(本を返しに来たわ)

日本語訳から抜けていますが、正確に訳すと『借りた本を返しに来た』と言う意味になります。

book と I の間で関係代名詞 which が省略されています。

この映画のフレーズ紹介に毎回入ってくるくらい関係代名詞は重要な文法項目です。

苦手な人が多いですが、理解して使うようになると意外と簡単です。

是非マスターしてください。

5. 新しい本は入った?

I couldn’t put it down! Have you got anything new?
(新しい本は入った?)

Put it down は『いったん止める』と言うような意味です。

今回は couldn’t put it down なので『(本を読むことを)やめられなかった』と言う意味になります。

また anything new は『何か新しいもの』と言う意味です。

なので今回の場合は『何か新しい本』ってところですね。

この anything 〇〇 はよく使われるような表現です。

例えば買い物から帰ってきた人に

Did you find anything nice?
(なんか良いのあった?)

なんて声をかけるシーンはよくみます。

6. また今度ね

Maybe some other time.
(また今度ね)

食事などに誘われた時や、誘いを断る時に使ったりする定型表現です。

今回のように、別に都合は悪くないけど、やんわりと断りたい時にも使えます。

似た表現に

We’ll try again some other time.

と言うのがあります。

でも Maybe some other time. の方がよく使われてる気がする。

7. 断るの?

What’s wrong with her?
(断るの?)

What’s wrong?(どうしたの?) は相手の様子がおかしい時に、その人に対して使うフレーズです。

でも今回のように with you(her) をつけて言うと、少し責めているような口調で『どうしたの?』といっているように聞こえます。

今回の場面では、ガストンの誘いを断るベルを責めるような意味になってます。

8. ここに馴染めない

I’m not sure I fit in here.
(ここに馴染めない)

fit in は『(人や物が環境などに)溶け込む』と言う意味があります。

それの否定形なので『馴染めない』と言う訳になります。

9. 着いてもいい頃だが 道を間違えたか?

We should be there by now.  
(着いてもいい頃だが)

Maybe we missed a turn.
(道を間違えたか?)

Should は『すべき』と覚えている人が多いと思います。

でも『きっと〜するはずだ』と言う意味もあります。

このあたりは下記の記事で詳しく解説しています。
>>参考:英語を話すための英文法:should の意味と使い方

10.じきに着く

We’ll be there in no time!
(じきに着く)

in no time で『すぐに・直ちに』って言う意味です。

例文はこんな感じ

If you go by express train, you’ll be there in no time.
(急行で行けば、あっという間に着いちゃうよ)

ちなみに in no time 以外にも『すぐに』って表現はいろいろあります。

11. 君ほど幸せな女性はいない

There’s not a girl in town who wouldn’t love to be in your shoes.
(君ほど幸せな女性はいない)

この文はややこしいですが、簡潔にしている訳がすごい!

There is は『〜があります』と言う意味です。

否定形になって『女性はいない』となります。

どんな女性かと言うのが who 以下に記述されています。

in your shoes は『あなたの立場』と言う意味です。

なので直訳すると、『あなたの立場になることを喜ばない女性はいない』と言う風になります。

否定語が複数あって難しいですよね。

それを『君ほど幸せな女性はいない』と訳すのはすごいですよね。

12. 首尾はどう?

So, how’d it go?
(首尾はどう?)

How did it go? は会話では did it の部分がまどろっこしいので How’d it go? と簡単にすることが多いです。

ちなみにそのように聞かれた際の回答は、

It went well.
(うまくいったよ)

Pretty good.
(けっこううまくいった)

It was terrible.
(ひどかった)

Not good.
(よくなかった)

などと答えましょう。

13. 飢えて死ぬが良い

Then go ahead and STARVE!!!!
(飢えて死ぬが良い)

starve は『餓死する・飢え死にする』と言う意味の単語です。

ただ日常会話では『めっちゃお腹すいた』を

I’m starving!

ってよく言います!

14. 話ぐらいしてみたら?

Why don’t you give him a chance?
(話ぐらいしてみたら?)

Why don’t you は『してはどうですか?・しませんか?』と言う表現です。

Why don’t you come in?
(入ったらどう?)

Why don’t you help me clean up?
(掃除を手伝ってくれませんか?)

てな具合でよく使われます。

15. ご主人様に知れたら首が飛ぶ

If the master finds out about this, it will be our necks!
(ご主人様に知れたら首が飛ぶ)

find out は「見つけ出す・わかる」と言う意味になります。

地味によく使われる表現です。

例文は下記の通りです。

I found out her phone nunber.
(彼女の電話番号がわかった)

Ned finds out Peter is Spiderman.
(ネッドはピーターがスパイダーマンだとわかった)

2つ目の例文みたい映画とかでよく使われそうですよね。

16. 行ったよ

I let her go.
(行ったよ)

『let 誰々 原形』は『誰々に〜することを許す』という意味です。

『行ったよ』と訳していますが、『行くことを許した』と言うニュアンスになります。

この let も、映画のフレーズ紹介で毎回のように説明している重要な文法項目です。

日常会話でよく使われるので是非マスターしてください。

17. 仕方がない

I have to
(仕方がない)

have to は『しなければならない』と言う意味で使われます。

それが前後の文から『仕方がない』と訳されています。

『仕方がない』は英語でいろいろな言い方がありますよ。

18. 残念なことだが

I’m afraid it’s true.
残念なことだが

afraid は『怖がって』と言う意味でよく知られていますね。

でも今回は『残念ながら〜』と言う意味です。

聞き手にとって好ましくない情報を伝えないといけないときによく使います。

お店などでよく聞くことになるフレーズです。

19. もう少しだったのに

But he was so close.
(もう少しだったのに)

close は『閉まる』と言う意味でよく知られていますね。

でもclose は『近い』って意味もあります。

同じ close ですが、発音が異なります。

『閉まる』はクローズと発音し、『近い』はクロースとなります。

20. 会いたかったわ

I missed you so much.
(会いたかったわ)

I miss you には、『寂しい・恋しい』と言う意味があります。

いろんな曲の歌詞としてよく登場しますよね。

ただ恋人だけでなく、家族や友人にも同じようなニュアンスで使うことができます。

なのでこの場面でも、父親に対しも使われていますね。

21. お父さんのことは気の毒だ

Poor Belle. It’s a shame about your father.
(お父さんのことは気の毒だ)

poor は『貧しい』と言う意味で覚えている人が多いかと思います。

でも Poor you のように使うと『お気の毒に』と言う意味になります。

I have to work this weekend.
(今週末働かないといけない)
Oh really? Poor you.
(あぁそうなの かわいそうに)

ってな感じで使われます。

まとめ

ハッピーエンド
重要表現が大量でしたね。

先にも言いましたが、100%聞き取ろうとするとすごく難しいのです。

なので映画で学習する際は、100%聞き取ろうとせず、まずは楽しみながら学習するようにしましょう。

今ならU-NEXTで、ディズニー作品が62作品も見れます。

また

・ダウンロード機能でオフラインで観れる
・早送り、巻き戻し機能で快適に
・字幕でも見れる

など英語学習に最適な機能がもろもろついています。

そんなU-NEXTでは現在、最初の31日を無料でお試し利用できます。

無料期間内であればいつ解約、退会しても一切料金が発生しないので、興味がある方は試してみてください。
>>【公式】U-NEXT無料トライアル

また外部のサイトですが、この映画の全セリフを書き出したスクリプトを掲載しているサイトを紹介しておきます。

参考:Beauty and the Beast (1991)

美女と野獣のほかにも英語学習におすすめなディズニー映画を下記の記事で紹介してるので、是非一読ください。

ディズニー映画は英語学習に必須!バイリンガルがおすすめを解説
ディズニー映画は英語学習に必須!バイリンガルがおすすめを解説 このような疑問に答えます。 こんにちは、アナ雪2みないとと思ってる Motoki です。 英語学習期にカナダの図書館で、...
おすすめ記事

英会話を独学するには何から始めるべき?【まずやることは一つだけ】

error: コンテンツは保護されてます